MENU
2022/5/28-5/30【タイムセール祭り】
\ 最大10%ポイント追加! / 詳細を見る

【SONY WH-1000XM5】レビュー!SONY最強ワイヤレスヘッドホン襲来!音を司り覚醒せよ!

  • URLをコピーしました!
さいともくん

こんにちわ!さいともと申します。

音楽好きのはしくれとしていい音で聴く最高のワイヤレスヘッドホンを手に入れました!

そのSONY WH-1000XM5を使用してみて、さっそくではありますが良かった点を箇条書き形式にしてみました!

  • ヘッドホンの質感がすばらしい
  • デザインがシンプルすぎてかっこいい
  • 操作がしやすくて覚えやすい
  • 電源入れてからのBluetooth接続が早い
  • 重さに安っぽさがない
  • ノイキャンが十分なほどちょうどいいし効いてる
  • 外音取り込みと手を当てて音を小さくしてくれる機能の使い勝手が実用的
  • 万人受けする音の良さ
  • 所有感が満たされる

お値段的にもきついところではありますが、音楽大好きガジェットレビュアーのはしくれとして少しでもわかりやすくて詳しい内容をお伝えしたく、今回もちろん自腹で購入!忖度なくレビューさせていただきます。

この記事でわかること

ゼンハイザーVSソニー 徹底比較

WH-1000XM5のデザイン・雰囲気・仕様について

前作WH-1000XM4からの進化したポイント

WH-1000XM5の音漏れはどの程度か?

ゼンハイザーとの比較完全ワイヤレスイヤホンでもバチバチに比較させていただきましたが、このヘッドホンの分野でもバチバチに比較させていただきたいと思います。

2022年最強イヤホンレビュー

前作のWH-1000XM4の評価がとにかく高かったので実は新作の発表がなかったら、Amazonセール次第で購入しようかと思っていた矢先だったので思い切って購入しました。

高級ヘッドホンを手にして聴いてみた感想、結論は?

購入を決めたあとの待ち遠しさ

WH-1000XM5が届いて開封して手にするワクワク

はやく聴いてみたいけど設定や操作などでもどかしい思い

ようやくWH-1000XM5から音が出た時の感動

WH-1000XM5から流れる推しの音楽はしあわせの極み

さいともくん

この一連の事象を経験するだけでもおおきな対価を払う価値があるのでは?と感じさせてくれます。

ねんねちゃん

結論になってるのかしら?

グランドピアノの演奏を聴いていて、どの方向からどの角度から、そしてどんなマイクを使用して録音されてるのか考えさせてくれる、音の厚さとバランスを感じながらも考えさせられてしまうサウンドです。

おすすめな方

音楽ライフに妥協のない方

現在お持ちのヘッドホンに不満をお持ちの方

通勤通学でも抵抗なく使用できる方

しっかりした装着のイヤホンが苦手だけど音楽鑑賞は大好きな方

ところで残念なところはあったのかしら?

残念なところ

お値段が高い!

コンパクトに折り畳めない

防水防塵規格がない

さいともくん

お値段としてはワイヤレスヘッドホンの最高級品なのでいた仕方ないところではありまけどね!

詳しくみていきます。

目次

WH-1000XM5の外観 デザイン 開封 付属品

SONYは配慮による紙仕様の箱になっております。

表紙をとったところと保証書

表紙を取った箱

開封

箱を開けるとところ狭しとキャリングケースが現れます。

説明書類

高価なガジェットなのでぜひサポート登録など注意書きにも目を通しておきましょう。

キャリングケース

キャリングケース開封

開封してヘッドホンを目の当たりにしたときのマット感は目を見張るものがありました。

ねんねちゃん

高級ヘッドホンすごい!

キャリングケース付属品

USBケーブル・接続ケーブル

ヘッドホン本体

ヘッドホン本体いろんな角度から

雑談になってしまいますが、この質感は何かに似てると思いなかなか答えが出なかったのですが、バットマンに似てると感じました。

ねんねちゃん

ダークナイト!

操作部分

重さ

248.48g

装着

ヘアスタイル用のマネキンヘッドによる装着になります。

ちなみに頭は小さめです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

東京都下在住のフリーランス。アコギ初心者練習に余念のない元ベーシストバンドマン。ピアノの音すき。つまりは音楽が好きです。
本業の仕事では、ほぼ毎日運転しつつも十年以上無事故無違反のガチゴールド安全運転者。
禁煙歴2年になります。
当ブログの『さいともブログ』ではイヤホンを中心としたガジェット、はたまた横山光輝「三国志」についてのブログとなっております。

ahamo

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる