MENU
2022/5/28-5/30【タイムセール祭り】
\ 楽天スーパーセール開催中! / 詳細を見る

【SE215SPE-A】VS 【IE 100 PRO】 ゲームを含めた有線イヤホンのベストはどっちか!徹底比較!

  • URLをコピーしました!
さいともくん

こんにちわ!FPSゲーム大好き!さいともと申します。

今回はゲーミングイヤホンとしても名高いSE215SPE-AIE100 PRO2つの有線イヤホンについてバチバチに比較してみたいと思います。

なぜこの2機種が人気なのか?

もちろんメーカー力ブランド力ありきかと思いますが、音に余計な装飾がないことが挙げられます。

さいともくん

いわゆるイヤモニといわれるイヤホン

さらにはしっかりした装着感があるので密閉感ある中集中しつつも安心してゲームができるのもいいですね。

SE215とIE100のいいところ

耳掛け式ということもあり装着感がしっかりする

音がフラットでいわゆるイヤモニであること

老舗で信頼を勝ち得てきたメーカー力ブランド力がある

デザインがかっこいい!

もちろん音楽でもいい音で聴ける

デスクの前にこれ1つあれば十分

共通したいいところはこんなところになりますが、この共通したいいところにそれぞれの個性があるので、この記事ではこれについて深掘りしていきたいと思います。

ねんねちゃん

どんな個性はのかな♪

冒頭におけるかんたんな結論

装着感はIE100PROがよくSE215は人ぞれぞれ(イヤーピース)合わない方がいる

密閉感はコンフォートを採用していいるSE215だが合わない場合もあるので注意

メーカーブランドともに信頼の老舗なので安心安全

デザインは好みになるがSE215のスカイブルーはかなりかっこいい!

音質は大まかに誤解をおそれずいってしまうとSE215はやや硬い音、IE100PROはやや柔らかな音のイメージ

FPSのゲームなどではアンプなどの増幅機なしの直挿しでもギリ使えるが基本はアンプ推奨

ゼンハイザー(Sennheiser)
¥13,000 (2022/12/05 01:20時点 | Amazon調べ)

詳しくは下記記事を目次を見ながら見ていったください

イヤホン選びの参考になれば幸いです。

目次

SE215SPE-AとIE 100 PROの外観(本体 ノズル部 イヤーピースなど)

2つのイヤホンの外観を撮れるだけ撮ってみました。検討の参考になれば幸いですが、分解してみてもデザインの美しさとこの筐体からなんでしっかりした音が出るのか、ますますわからなくなってきました。

イヤホン本体

SE215SPE-A

IE 100 PRO

全て脱着したイヤホン本体

SE215SPE-A

IE 100 PRO

ケーブル脱着部

SE215SPE-A

IE 100 PRO

ケーブルジャック部分とケーブル左右分かれ目

SE215SPE-A

IE 100 PRO

イヤホンノズル部

SE215SPE-A

SHUREのノズルを見るたび思うことですが、よくこんな細いノズルで正確な音が出ると感心させられます。

IE 100 PRO

イヤーピース

SE215SPE-A

IE 100 PRO

SE215SPE-AとIE 100 PROの装着感

序文のとおりIE 100 PROはスムーズな装着感を得ることができます。

しかしながらコンフォートタイプのイヤーピースを採用してるSE215に関してはこれがうまく装着できるかによって賛否が分かれてしまっている印象になります。

わたしも最初これが合わなくて試行錯誤したのち、よい装着方法を見つけたのでSE215のよさがわかるに至りました。

装着が合わなかったがなんとか馴染んだ記事

IE100PROにもいえることですが、こういったカナル型イヤホンはいろんなイヤーピースが売られています。サイズに関しても同じMサイズでも各メーカーによって違いもあるかと思うので自分の耳のサイズや柔らかさに合ったイヤーピースを見つけておくといいかと思います。

参考程度に私が合ったコンフォートイヤーピースと普通のイヤーピースを紹介しておきます。

ファイナル(final)
¥1,530 (2022/12/07 11:48時点 | Amazon調べ)
さいともくん

イヤーピースひとつで音の感じ方が変わってくるのでこれを探すのもイヤホンの楽しみになるかと思います。

参考になれば幸いです。

SE215SPE-AとIE 100 PROの仕様スペックと音質の傾向

簡単にスペックの紹介

仕様 スペックSE215SPE-AIE 100 PRO
トランスデューサー原理単一の高解像度 MicroDriverdynamic
感度1kHzで
107dB SPL/mW
115 dB (1 kHZ/ 1 Vrms)
インピーダンス1kHzで
17Ω
20 Ω (Ohm)
周波数範囲21Hz~17.5kHz20 Hz – 18 kHz
ケーブル長さ1.16m1.3 m
重量30g(1オンス)

※公式からの抜粋なのでそれぞれ多少の表記に違いがあることにご了承願います。

序文でも申しましたが、簡単にいってしまうと

SE215SPE-Aはやや硬い音
IE100 PROはやや柔らかい音

という結論になっています。

また使用してみた感覚でいうとケーブルの長さがSE215SPE-Aのほうが多少短く、若干の違和感を感じました。

これはどちらの機種にもいえますがリケーブルも可能なのでカスタマイズしたり断線した時にもケーブルのみの取り替えが可能です。

さいともくん

Amazonでは他にもケーブルが多種多様あるのですが、コスパに優れたものをここでは紹介してみました。

イヤホンによってケーブルの差し込みも違ってくるので気をつけて選びましょう!

SHURE SE215SPE-AとゼンハイザーIE 100 PRO メーカー特徴

デザインや音の傾向を見てきましたが、そもそものメーカーブランドについても検討の参考になるかと思い引用をみながらわかりやすく要約解説します。

SHURE

シュア (Shure Inc.)はアメリカ合衆国のオーディオ製品メーカー1925年にシドニー・N・シュアがラジオパーツキットの納品業者としてイリノイ州シカゴに設立したのが始まり。その後、マイク 、ワイヤレスマイク システム、蓄音機 カートリッジ、ディスカッションシステム、ミキサー 、デジタル信号処理 などの民生用および業務用オーディオエレクトロニクスメーカーとなった。また、ヘッドフォン 、高級イヤホン 、パーソナルモニターシステムなどのリスニング製品も製造している。

wikiより

オーディオ関連の企業はいまや中国が多くのシェアを広めていますが、SHUREはアメリカ合衆国の企業ということになり、1925年創業の老舗のオーディオメーカーになります。

概要

1925年4月25日、シドニー・N・シュア(Sidney N. Shure)がThe Shure Radio Companyという、ラジオ無線機器の組み立てキットおよび完成品を製造販売する個人企業をイリノイ州のシカゴで創業した。1929年の大恐慌の後、一変した市場のニーズを踏まえ、マイクロホンを扱うようになる。

1939年に業界初の単一指向性マイクロホンであるモデル55を発売。アメリカ大統領の演説の場で用いられるなど、幅広く受け入れられた。1965年には現在に至るまで同社の代表的な製品の一つであるSM57を発売。SM58と共にライブ・パフォーマンスやスタジオ・レコーディングで使用される業界のデファクト・スタンダードとなった。

2000年代中盤以降、日本の放送局のインタビューや記者会見用にSM63が多用され、特に記者会見ではSM63が数本並ぶ光景が良く見られる。

また、ミュージシャンのステージモニター用に開発されたイヤホンであるEシリーズは、2000年代におけるiPodなどのデジタルオーディオプレーヤーの爆発的普及にともない、一般顧客層にも高音質イヤホンの代表的な製品として受け入れられた。

2007年にはよりコンシューマー向けを意識したSEシリーズを発表。さらに2009年にはSRHヘッドホンシリーズで、コンシューマー向けヘッドホン市場にも参入している。

wikiより

簡単にいえばマイクロフォンで代表的製品を作り出してきたが、2007年よりコンシューマー向けイヤホンを発表しているわりかしイヤホン界では新規に近いものがある。

今回紹介しているSE215SPE-AもAmazon.co.jp での取り扱い開始日が2012/11/3となっており、およそ10年も売れ続けているロングヒットとなっている。

さいとも音ガジェブログにおけるSHURE主な記事

ゼンハイザー

ゼンハイザー (独: Sennheiser electronic GmbH & Co. KG ; ドイツ語発音: [zɛnˈhaɪ̯zɐ] )は、ドイツ の音響機器 メーカーである。特に、ヘッドフォン 及びマイクロフォン などが有名であり、音楽制作現場や映画制作現場などのプロフェッショナル用途にも多く用いられている。

wikiより

こちらは名前でもおおよそ想像がつくようにドイツの老舗メーカーとなります。

概要

1945年にフリッツ・ゼンハイザー博士(Dr. Fritz Sennheiser)によって創立された。創立当初は”Laboratorium Wennebostel”という社名で、略して”Labor W”または”Lab W”と呼ばれていた。現在の社名に変更されたのは1956年である。ゼンハイザーの工場は、ドイツ(2箇所)、アイルランド、アメリカ(ニューメキシコ州)にある。

wikiより

昨今のスマホでも簡単に聞くことが可能になったワイヤレス系のヘッドホンやイヤホンにおいてトップの音質を誇るメーカー。

2022年はワイヤレスイヤホン、ワイヤレスヘッドホンのコンシューマー向け最上級の製品が発表されました。

さいともくん

わたしは散財破産目前ながら自腹レビューさせていただきました。

さいとも音ガジェブログにおける主な記事

SE215SPE-AとIE 100 PROのゲーム使用比較

ゲーミングイヤホンとしての実力はFPS界を代表するプロやストリーマーがこぞって使用しているのでおりがみつきかと思います。

SE215に関しては人気ストリーマーの関優太さんやZETAのプロプレーヤーの方々、IE100PROも多くのプレーヤーが使用しています。

アンプ推奨するのは音量音圧が物足りなくなるときがあるため

ねんねちゃん

リアルな音の表現も楽しみたいですよね

どっちがいいのかという問いに関しては音の好みによるところが大きいかと思います。

さらににはSE215でおおくみかける音がよくないという酷評、これは装着がうまくいってないことからなると思います。

さいともくん

わたしもそうでした。

くわしい記事

なので音質のところで説明した通り、音の傾向を参考にしていただければと思います。

またゲームにおいてアンプは必至なアイテムとなっています。

これも駆使すればゲームの音に関しては攻略でたも同然!

SE215SPE-AとIE 100 PROのまとめ

同じ耳掛け式カナル型イヤホンであり、価格的にも同じということで徹底比較させていただきました。

それぞれの記事もあるので参考程度に飛んで読んでくれると幸いです。

SE215SPE-Aの結論

音質はフラットなイヤモニよりだがIE100PROと比較するとやや硬い音質

イヤーピースがコンフォートタイプなので合わない方は合わない

逆にコンフォートタイプなので密閉考えられて集中して音楽やゲームに打ち込める

SHUREはアメリカ合衆国の企業

デザインのカラーがかっこいい!

純正品のケーブルだとやや短さを感じる

まちがいなくこの価格帯を代表する有線イヤホン

2012年から長い人気を誇るイヤホン

IE100PROの結論

生産終了したIE40PROの後継機

ゼンハイザーはドイツの老舗企業

ワイヤレスイヤホンやヘッドホンでもコンシューマー部門におけるトップに君臨している

音質はSE215SPE-Aと比較するとやや柔らかいサウンド

イヤモニよりの音質ながら、他製品の指標となるようなフラットな音質

ワイヤレスでも使用できる商品がコスパ良く展開されている

私自身もこうした比較をすることでみえなかったそれぞれの面を見れました。

しかしながら個人的には甲乙つけ難い、使い勝手の良い優れたイヤホンだなといった印象になります。

ゼンハイザー(Sennheiser)
¥13,000 (2022/12/05 01:20時点 | Amazon調べ)
ねんねちゃん

SE215は新色も登場してこれまたかっこいい!

FPSゲームの人気により、音が大事な要素となった昨今のゲーム、スプラトゥーン3でもおおいに戦力になること間違いなしかと思います。

さいとも音ガジェブログおすすめ有線ゲーミングイヤホン

【Razer Hammerhead Duo Console】購入の際は注意!でも実力No.1の ゲーミングイヤホンをレビュー!

final VR3000 for Gaming レビュー!敵の位置がまるわかりのゲーミングイヤホン

【JBL QUANTUM TWS】 ワイヤレスイヤホンでFPSゲームできる時代がきた!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

東京都下在住のフリーランス。アコギ初心者練習に余念のない元ベーシストバンドマン。ピアノの音すき。つまりは音楽が好きです。
本業の仕事では、ほぼ毎日運転しつつも十年以上無事故無違反のガチゴールド安全運転者。
禁煙歴2年になります。
当ブログ『さいとも音ガジェブログ』では気軽で楽しくなるイヤホンやヘッドホンなどを中心としたガジェットを紹介しています。

ahamo

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次