MENU
2022/5/28-5/30【タイムセール祭り】
amazonプライムを使いこなして完全攻略!!! 確認してみる!

【JBL QUANTUM TW】 ワイヤレスイヤホンでFPSゲームできる時代がきた!

  • URLをコピーしました!
さいともくん

こんにちわ!さいともと申します。

ワイヤレスイヤホンを主なレビューをさせていただいている当ブログですが、ゲームでも使えるほぼ遅延のなく使えるワイヤレスイヤホンがJBLから発売されたということでさっそく購入して使ってみたのでレビューしたいと思います。

さっそくメリットデメリットから!

メリットデメリット
遅延をほぼ感じることなくFPSゲームでも使える
音楽鑑賞でもJBLサウンドを継承していて心地よく聴ける
コンパクトで使いやすく、つけたまま飲み物をとりに行ったりトイレに行ったりできる
マイク性能もよくて使いやすい
USB接続での使用時間が短い
当然ですが充電が必要
USB-TypeC接続なのPCでの使用はTypeAのバイパスが必要になる
Bluetoothではまだまだ遅延が出る
カラフルなカラーバリエーションがほしかった
おすすめな人

ゲーミングイヤホンに気軽に使える心地よさを求めてる方

ヘッドホンが苦手な方

有線をわずらわしく感じてる方

ゲーム時間が3時間前後の方(USB接続の場合)

なかなかゲーミング用として音楽までしっかり聴けるワイヤレスイヤホンおよびヘッドホンはないのではないでしょうか。

ねんねちゃん

音楽とゲームの二刀流最強イヤホン!

JBLのワイヤレスイヤホンについてJBL LIVE PRO 2JBL LIVE FREE 2をレビューさせていただきましたが、とにかく音の良さと使いやすさが好きで個人的にではありますが、外での仕事での一人作業で多く使用しています。

すでにメリットやデメリットやおすすめな方と結論を申し上げましたが、その理由や機能や外観をくわしく見ていきたいと思います。

目次

JBL QUANTUM TWの外観・開封

裏面

開封

説明書類

イヤーピースとUSB Type-Cケーブル

イヤーピースのサイズはS・M・L

イヤーピースの形状

イヤーピースはJBL特有の楕円タイプの形状になります。

イヤホン本体

イヤホンノズル部

他製品と比べるとノズル部が短く独特な作りとなっており音を間近に感じられる仕様なのがうかがえます。

USBType-Cケーブル

絡みにくいケーブルを採用しており、こういった配慮はうれしいところ

充電ケース

USBワイヤレスドングル

USBドングルはType-CとなっておりSwitchなどではそのまま接続可能ですが、PCとなるとType-Aがほとんどだと思われるのでバイパスが必要になります。

Switchでは問題なく使用可能

一方、PCではType-AのUSBが多いかと思われるのでバイパスが必要になります。

重さ

イヤホン

11.21g

充電ケース

44.23g

イヤホン+充電ケース

55.46g

JBL QUANTUM TWの仕様・スペック

JBL 公式ページより
仕様 スペック表JBL QUANTUM TW
ドライバ(mm)10
感度(dB106
再生周波数帯域20 Hz – 20 kHz
インピーダンス(Ω)16
周波数特性(アクティブ)20 Hz – 20 kHz
対応コーデックSBC, AAC
防水規格IPX4(イヤホン本体のみ)
Bluetoothバージョン5.2
対応BluetoothプロファイルA2DP V1.3, AVRCP V1.6, HFP V1.8
Bluetoothトランスミッタ周波数帯域2.4 GHz – 2.4835 GHz
BluetoothトランスミッタモジュレーションGFSKGFSK, π/4 QPSK, 8DPSK
Bluetoothトランスミッタパワー<12 dBm EIRP
充電時間(時間)2
連続通話時間(時間)4
最大再生時間 Bluetooth ANCオフ時イヤホン本体約8時間+充電ケース使用約16=約24時間
最大再生時間 Bluetooth ANCオン時イヤホン本体約5時間+充電ケース使用約10=約15時間
最大再生時間 2.4GHzワイヤレス ANCオフ時イヤホン本体約4時間+充電ケース使用約8=約12時間
最大再生時間 2.4GHzワイヤレス ANCオン時イヤホン本体約3.5時間+充電ケース使用約7=約10.5時間
JBL公式 及び Amazon販売ページより

JBL QUANTUM TWのアプリとPCアプリ

Amazon販売ページより

スマートフォンアプリ「JBL Headphones」

JBL Headphones

JBL Headphones

Harman International Industries無料posted withアプリーチ

アプリは従来のワイヤレスイヤホンと同じアプリになり、操作や設定などの変更カスタマイズができます。

Bluetoothでゲームするときは遅延が少なくなるゲームモードがあります。

ペアリング

ねんねちゃん

ペアリングはとっても簡単!

STEP
お使いのスマホのBluetoothがオンになってることを確認
STEP
イヤホンを充電ケースにしまってふたたびケースを開ける
STEP
スマホ側Bluetoothに「JBL QUANTUM TWS」(iPhoneでは下側)と出るのでこれをタップ
STEP
「接続済み」となればペアリング完了

PC専用ソフトウェア「JBL QuantumENGINE 」

また今回はゲーミングということもありPCでも設定できるアプリが用意されています。

USB接続をした時にインストールして使用します。

※ちなみにMacではアプリを確認できませんでした。

イコライザー

イコラザー設定ではフラットのほかにも

BASS BOOST
BASS CUT
CLARITY
FLAT
FPS
HIGH END BOOST
LONG SESSION

より広がりのあるサウンド

こちらを使用するにはWindows側の設定も必要になってきます。

PCの設定からサウンドを選んで「スピーカーの設定」を選びます。

初期設定ではステレオになっていますが7.1サラウンドを選択します。

ねんねちゃん

詳しくはJBLの公式Youtubeの動画をご覧ください。

マイク

マイクの音量やレベル、ミュートなど選べます。

システムソフトウェア

イヤホンの捜索、設定やバージョンを見ることができます

ソーススイッチ

USBドングルとBluetoothどちらで使用するかを選べます。

JBL QUANTUM TWの音質・ゲーム使用感・マイク音質

JBL公式ページより

ゲームの使用感

ゲームでの使用感はまったく問題なく使用できました。

しかしながらひとつ懸念をあげると音量が小さく感じました。

あまり大きな音量でやるのもどうかと思いますが、音量の余裕はあったほうがいいかなと感じました。

さいともくん

余裕が欲しいだけでストレスに感じる問題ではないのですが

とにかく、いつも有線でイヤホンを使用しているからゲームでワイヤレスはほんと新鮮な気持ちになります。

音質に関してはフラットな印象で、音楽鑑賞特化のLIVE PRO 2と比較すると音の広がりや低音の大きさは足りない印象になります。

ゲームではフラットな音の方が調整もしやすくサラウンドにも向いてるかと思いますのでおすすめの音になります。

スマホでの音楽鑑賞

音楽鑑賞という点に関しては、ノイキャン外音取り込みがあるということもありますが日常的にも十分使える印象でした。

この点に関しては懸念材料もなく、満足してお使いいただけます。

さいともくん

タイプは違えどLIVE FREE 2と似てる印象!

しかしながらこちらはワイヤレス充電対応になります。

ねんねちゃん

つまらない通勤通学でも十分楽しめる音質になります。

USB接続とBluetooth接続のマイク(通話)音質

これも同じJBLのワイヤレスイヤホンと同様、マイク音質も問題ないレベルかと思います。

実際ボイスレコーダーで録ったので参考になれば幸いです。

USBドングル接続音声

Bluetooth接続音声

かなりマイクにも注力して開発されたのでは!と思わせるくらいワイヤレスイヤホンとしては質の高いマイク音質に感じました。

ねんねちゃん

参考になれば幸いです。

JBL QUANTUM TWのまとめ

JBL公式ページより

冒頭のおさらいになります!

メリットデメリット
遅延をほぼ感じることなくFPSゲームでも使える
音楽鑑賞でもJBLサウンドを継承していて心地よく聴ける
コンパクトで使いやすく、つけたまま飲み物をとりに行ったりトイレに行ったりできる
マイク性能もよくて使いやすい
USB接続での使用時間が短い
当然ですが充電が必要
USB-TypeC接続なのPCでの使用はTypeAのバイパスが必要になる
Bluetoothではまだまだ遅延が出る
カラフルなカラーバリエーションがほしかった
おすすめな人

ゲーミングイヤホンに気軽に使える心地よさを求めてる方

ヘッドホンが苦手な方

有線をわずらわしく感じてる方

ゲーム時間が3時間前後の方(USB接続の場合)

USBでPCに接続するときはなかなかUSB-TypeCでの接続はない方が多いかと思うのでTypeAの端子も入れて欲しかったというのが正直な感想になります。

Switchでは簡単接続ですけどね!

またさいともブログでは2022年8月現在コスパを含めた総合1位のワイヤレスイヤホンも紹介していますので見ていただければ幸いです。

またJBLの入り口として2,000円台で購入できる、ゲーミング用の有線イヤホンもレビューしています。

さいともくん

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

東京都下在住のフリーランス。アコギ初心者練習に余念のない元ベーシストバンドマン。ピアノの音すき。つまりは音楽が好きです。
本業の仕事では、ほぼ毎日運転しつつも十年以上無事故無違反のガチゴールド安全運転者。
禁煙歴2年になります。
当ブログの『さいともブログ』ではイヤホンを中心としたガジェット、はたまた横山光輝「三国志」についてのブログとなっております。

ahamo

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次