\ 最大10%ポイントアップ! / 詳細を見る

WF-1000XM5 VS WF-1000XM4 どれだけ進化した?新旧徹底比較!

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!
さいともくん

こんにちわ!さいともと申します。

2023年9月に発売されたSONY待望の新機種WF-1000XM5

とにかく軽くて気軽に使えてトップレベルの機能と音質を持っています。

そんなWF-1000XM5ですが前作WF-1000XM4との差はどれだけなのでしょうか?

ねんねちゃん

この記事では徹底して前作WF-1000XM4と比較して検討の参考になればと思います。

比較した簡単な結論

WF-1000XM5はイヤーピースがしっくりで装着することができて気軽に使用できる

WF-1000XM4は個人的にイヤーピースが合わなくてイヤーピースに苦労した

WF-1000XM5は前作WF-1000XM4より軽量化されたので軽くて気軽さが増して使用しやすくなった

音質はWF-1000XM5のほうが抜けの良い疲れない長時間聴ける音質

WF-1000XM4のほうは迫力ある明瞭さのあるはっきりした音質

さいともくん

音質面もしっかり進化変化してきましたね!

この記事でわかること

WF-1000XM5とWF-1000XM4の外観や重さ比較

WF-1000XM5とWF-1000XM4の仕様スペック比較

WF-1000XM5とWF-1000XM4の機能評価や操作比較

WF-1000XM5とWF-1000XM4の音質の違いを比較評価

WF-1000XM5とWF-1000XM4のマイク音声比較

ねんねちゃん

もくじから知りたい内容をみてくださいね!

目次

WF-1000XM5とWF-1000XM4の外観比較

ケース

WF-1000XM5

WF-1000XM4

ねんねちゃん

WF-1000XM5のほうは角張った面がなくなり、たまごのような丸みになってます。

イヤホン本体

WF-1000XM5

WF-1000XM4

WF-1000XM5のほうは光沢のある素材、WF-1000XM4のほうはケースと同様の質感でこちらのほうが落ち着き感はある印象

ノズル部

WF-1000XM5

WF-1000XM4

イヤーピース

WF-1000XM5

WF-1000XM4

大きさの感覚

WF-1000XM5

WF-1000XM4

重さ

WF-1000XM5

WF-1000XM4

さいともくん

この軽量化でだいぶ新旧の印象がまったく違うものに感じてしまう印象でした!

WF-1000XM5とWF-1000XM4の仕様操作比較

WF-1000XM5とWF-1000XM5の仕様スペック比較

スペック比較表WF-1000XM5WF-1000XM4
型式密閉ダイナミック密閉 ダイナミック
ドライバーユニット8.4 mm6mm
質量約 5.9 g x 2 (イヤーピース(M)含む)約7.3g×2
電源Li-ionLi-ion
充電方法USB充電 / ワイヤレス充電 (ケース使用)USB充電(ケース使用)、ワイヤレス充電(ケース使用)
電池持続時間(連続音声再生時間)最大8時間 (NCオン) / 最大12時間 (NCオフ)最大8時間(NCオン)/最大12時間(NCオフ)
電池持続時間(連続通話時間)最大6時間 (NCオン) / 最大7時間 (NCオフ)最大5.5時間(NCオン)/最大6.0時間(NCオフ)
通信方式Bluetooth標準規格 Ver.5.3Bluetooth標準規格 Ver.5.2
出力Bluetooth標準規格 Power Class 1Bluetooth標準規格 Power Class 1
最大通信距離10 m10 m
使用周波数帯域2.4 GHz帯 (2.4000 GHz – 2.4835 GHz)2.4GHz帯(2.4000GHz-2.4835GHz)
対応BluetoothプロファイルA2DP, AVRCP, HFP, HSP, TMAP, CSIP, MCP, VCP, CCPA2DP, AVRCP, HFP, HSP
対応コーデックSBC, AAC, LDAC, LC3SBC, AAC, LDAC
対応コンテンツ保護SCMS-TSCMS-T
伝送帯域(A2DP)20 Hz – 20,000 Hz (44.1 kHz sampling), 20 Hz – 40,000 Hz (LDAC 96 kHz sampling 990 kbps)20Hz-20,000Hz(44.1kHz sampling) 20Hz-40,000Hz(LDAC 96kHz sampling 990kbps)
さいともくん

仕様からの目につく変更は質量(重さ)の違いドライバーユニットのパワーアップではないでしょうか。

ねんねちゃん

再生時間は変わってないんですね!

WF-1000XM5とWF-1000XM4の操作比較

WF-1000XM5

左1タップノイズキャンセリングと外音取り込み
左長押しクイックアテンション
右1タップ再生と一時停止
右2タップ次の曲
右3タップ前の曲
右長押し音声アシスタント機能の起動
左4タップ音量を下げる
右4タップ音量を上げる

WF-1000XM4

さいともくん

こちらもアプリで外音コントール・音量コントロール・再生コントロールと選択可能の操作設定になっています!

外音コントロール

1タップ ノイキャン・外音取り込み切り替え

長押し クイックアテンション(音量が小さくなる)

音量コントロール

1タップ 音量をあげる

長押し 音量をさげる

再生コントール

1タップ 再生・一時停止

2タップ 次の曲

3タップ 前の曲

ねんねちゃん

アプリを活用して音質や操作の設定、はたまた装着の設定もしましょう!

Sony | Headphones Connect

Sony | Headphones Connect

Sony Corporation無料posted withアプリーチ

WF-1000XM5とWF-1000XM4のノイキャンや外音取り込みなどの機能比較評価

機能面10段階評価

さいともくん

あくまで個人的な採点なので参考程度に♩

機能比較評価WF-1000XM5WF-1000XM4
ノイキャン98.5
外音取り込み98.5
デザイン109
アプリ99
操作98
使用感108
気軽さ108
装着感98
イコライザー1010

WF-1000XM5のいいところは軽量化により使いやすくなったこと。WF-1000XM4と比べて確実にレベルアップしてることがうかがえます。

アプリやイコライザーの充実さは同じメーカーなだけあってレベルが高い印象

WF-1000XM5とWF-1000XM5の音質比較評価

音質比較10段階評価WF-1000XM5WF-1000XM4
低音88
中音98
高音88
バランス99
ボーカル99
演奏(楽器)88
音場99
解像度98
総合9+8
さいともくん

比較するためあらためてWF-1000XM4をしっかり聴き込んでみました。

音質的にいいと思ったのはボーカルがしっかり聴けること。

逆の言い方をすると演奏面に明瞭さがたりない印象でした。

それに比べてWF-1000XM5のほうは全体的にバランスがよく、中音の抜けの良さがよくてよりいっそうボーカルが入ってくる印象。

音の迫力は前作のWF-1000XM4のほうがある印象だけど僅差

またイコライザーのひとつExcitedというのを使うと演奏の物足りなさを補ってくれている印象で気に入って使用しています。

さらにSONY独自の音質システムであるDSEE Extremeをオンにすることで音の迫力が増して楽しくなります。

WF-1000XM5とWF-1000XM4のマイク音声比較

WF-1000XM5マイク音声

WF-1000XM4マイク音声

まとめ

WF-1000XM5
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • コンパクトで軽くて気軽に使用できる
  • 音質的には中音の抜けが良くてボーカルが聴き心地がいい
  • AirPodsPro2より迫力ある音を楽しめる
  • ノイキャン・外音取り込みのバランスがいい
  • 個人的にではあるがイヤーピースが前作より合っておりフィットする
デメリット
  • ケースからイヤホンを出すときに出しづらい
WF-1000XM4
総合評価
( 4 )
メリット
  • 旧作になってしまったがまだまだ使える!
  • 音質的にも明瞭さがあってくもった音質に感じさせない
  • デザイン的には新作の方がコンパクトで軽量ながらまだまだかっこいい
  • 丸みを帯びた形状で角張ってる感がなく、ゴツさがなく触り心地もいい。
デメリット
  • ケースからイヤホンを取り外すのが手が滑る人には取りづらい

WF-1000XM5はコンパクトで軽量になったということもあり前作まではAndroidスマホ向けとしておすすめしていましたがiPhoneでもおすすめできる機種になりました。

なぜAndroidスマホ向けなのかというとコーデック的にLDACがあるということでした。

しかしコンパクトで軽量になったことでAirPodsPro2と重なる面が出てきたことからiPhoneでもおすすめしています。

さいともくん

AirPodsPro2とも比較する記事を作成する予定です!

SONYガジェットおすすめ記事

ソニー【WF-1000XM5】自腹忖度なしレビュー

ソニー【WF-1000XM4】レビュー!イヤーピースが合わなかった!2021年最強イヤホン

SONY【WH-1000XM5】レビュー!マットなデザイン、簡単な操作性、迫力ある音質、最強ワイヤレスヘッドホン!

【ソニー SRS-XG300】レビュー!パワーとバランスの融合!どんな場所でも使えるワイヤレススピーカー!

ソニー 55V型 液晶テレビ 【ブラビア XRJ-55X90J】レビュー!大型テレビで家族が団欒♪

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

東京都下在住のフリーランス。アコギ初心者練習に余念のない元ベーシストバンドマン。ピアノの音すき。つまりは音楽が好きです。
本業の仕事では、ほぼ毎日運転しつつも十年以上無事故無違反のガチゴールド安全運転者。
禁煙歴3年になります。
当ブログ『さいとも音ガジェブログ』では気軽で楽しくなるイヤホンやヘッドホンなどを中心としたガジェットを紹介してみてくださる方の検討の参考になればと思っております。

ahamo

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次