MENU
2022/5/28-5/30【タイムセール祭り】
\ 最大10%ポイント追加! / 詳細を見る

【MOMENTUM True Wireless 3】レビュー!こんなの当たり前だし当然!といわんばかりの2022年最強イヤホン降臨!

  • URLをコピーしました!

この記事では2022年待望のゼンハイザーMOMENTUM True Wireless 3についてレビューしていきます!

さいともくん

こんにちわ!さいともと申します。

簡単な結論としては文句なんか出ないレベルの音質で最強すぎました。

そりゃこれだけの価格なら当たり前ですよね!

さいともくん

そう!その当たり前が音質や機能に現れています!

ねんねちゃん

つまりはこの価格どおりのラグジュアリー(豪華なさま、贅沢なさま)を堪能できるということですね!

この記事でわかること

MOMENTUM True Wireless 3 の特徴を外観・仕様・アプリ・音質と徹底レビュー

下位モデルCX Plus True Wirelessとの比較

2021年最強完全ワイヤレスイヤホンWF-1000XM4と2019年Air Pods Proとの徹底比較

※ちなみにMOMENTUM True Wireless 2は2020年発売でした。

前作のMOMENTUM 2との比較はほかのレビュアーさんたちもレビューしているのでここでは下位モデルCX Plus True Wirelessとの比較をさせていただきます。🙇🏻‍♂️

比較しての結論としては?

さいともくん

間違いなく2022年最強の完全ワイヤレスイヤホンになります!

その理由は主に5点!

  1. 音の分離感 解像度 音場の豊かさどれもトップクラス!
  2. 機能面に関してノイキャンだけでなく特に外音取り込みが優れている
  3. イヤーウイングの付属品にもあるようにワークアウト(ジムやジョギング)にも特化してきている
  4. 憂鬱な通勤通学もスーパーウルトラガチな音質を気軽に楽しめるので気分がいい♪
  5. なにより最高のイヤホンを所持しているので所有感が満たされて気分がいい♪
ねんねちゃん

高級イヤホンではあるけど通勤やジョギングでも普段使いしてみたい♪

おすすめな方

とにかく最高最強音質のイヤホンを手に入れたい方

ゼンハイザーの音の良さを知ってる方

憂鬱な通勤通学を大好きな音楽で高音質で楽しみたい方

耳のフィット感がすごいのでワークアウトでも使えるイヤホンをお探しの方

現在お持ちのイヤホンに不満のある方

もちろんコーデック的にaptX AdaptiveがありAndroidスマホをお持ちの方よりではありますが、iPhoneでも十分なほどの音質にしてくれます。

残念なところ

マイク性能が他製品と比較するとよくなかった

マルチポイントがない

ねんねちゃん

しかしながらアプデ次第でマルチポイントが来るかもなので弱点のないイヤホンになってしまう!?

さいともくん

アプリにこのような管理画面があるので期待大ですね!

ちなみにわたしが購入した理由は

ねんねちゃん

聞いてないけど…

MOMENTUM True Wireless 2の評判が完全ワイヤレスイヤホン界隈随一だから
いくつかのゼンハイザーのガジェットを購入して気に入っているから
先行でレビューした方たちがこぞって音質が最高というから

ねんねちゃん

くわしく見ていきます!

目次

MOMENTUM True Wireless 3の外観・開封・付属品・装着感

側面と裏面

開封

高級ワイヤレスイヤホンだけあって開封のワクワク感は最高でした!

付属品・ユーザーガイドなどの説明書類

付属品・イヤーピース

シリコンイヤーアダプター XS S L

付属品・イヤーウイング

シリコンイヤーフィンズ S L

付属品・USB-Cケーブル

充電ケース

他にはない質感の充電ケースになります。これも所有欲をかきたてられます

イヤホン本体

ノズル部

ノズル部は長かったり細かったりとありますが比較的オーソドックスな形状になります。

イヤーピース

イヤーピースはほこりが入らないようわた状のものがほどこされておりゼンハイザーの特徴でもあります。

重さ

イヤホン左右

11.80g

イヤホン片方

6g

充電ケースイヤホン

78g

充電ケースのみ

66.13g

装着感に関して

装着はクイックガイドにもありますが、耳に装着する時ひねって入れるようにしましょう。

カナル型のイヤホンは装着が命になります!イヤーピース含めて自分に合った装着を見つけてください!

また、今回のMOMENTUM True Wireless 3はイヤーウイングとまではいかないかもですが、耳にひっかけるひれ的なものがありますのでワークアウトにも意識されたしっかりした装着の配慮があります。

MOMENTUM True Wireless 3の仕様と比較

2021年9月に発売されたCX Plus True Wirelessと仕様比較していきます

仕様MOMENTUM True Wireless 3CX Plus True Wireless
ノイズキャンセリングハイブリッド &アダプティブノイズキャンセリングアクティブノイズキャンセリング
外音取り込み◎ アプリで外音の取り込み具合を調節可能
ハイレゾ◎(96/24kHz)〇(48/24kHz)
BluetoothLDSアンテナ+ BT5.2 Class1 (10mW)BT5.2 Class1 (10mW)
通話性能マイク合計6基マイク合計4基
バッテリーイヤホン最大7時間
ケース併用最大28時間
イヤホン最大8時間
ケース併用最大24時間
ワイヤレスQi充電×
防水性能IPX4IPX4
コーデックSBC, AAC, aptX™, aptX adaptive™SBC, AAC, aptX, aptX Adaptive
対応プロファイルA2DP, AVRCP, HFPA2DP, AVRCP, HFP
充電時間1.5時間でフル充電
10分の充電で約1時間使用可
1.5時間(フルチャージ)
10分(1時間動作)
全高調波歪(THD + N)<0.08% (1 kHz / 94 dB)< 0.08 % (1 kHz/94 dB)
周波数帯域5 Hz – 21 kHz5 hz ~ 21,000 Hz
感度107 dB SPL (1 kHz / 1 mW)114db(1 kHz/0 dBFS)
トランスデューサー原理dynamicTrueResponse™ dynamic, 7 mm diameterトゥルーレスポンス・トランスデューサー ゼンハイザー 7mmダイナミックドライバー
ゼンハイザー公式 技術仕様
Amazon販売ページ
参照

ワイヤレスQi充電に対応

ハイレゾ強化

CX Plus True Wirelessでは48/24kHzまでになりますが96/24bitまでの対応になります。

まだこれに対応したスマホは少ないので将来的な面がつよいです

【aptX-Adaptive でサウンドをさらに贅沢に】
96/24bitのハイレゾ音源対応で、さらなる高い次元の音質を実現。
一つ一つの音がよりしっかりとした輪郭を描き、レンジも広がりゼンハイザーのサウンドがもう一段階上へ。さらに低遅延、人混みなどで音が途切れてしまうようなストレスからも解放。シンプルに贅沢にハイレゾ相当のサウンドであらゆる音に浸ることができます。

ゼンハイザー公式より

マイク性能4機種比較

MOMENTUM True Wireless 3
CX Plus True Wireless
SONY WF-1000XM4
Air Pods Pro

それぞれ通話音質をiPhoneのボイスメモにて録音してみました。参考になれば幸いです。

※再生を押すと音声が流れますのでご注意ください

MOMENTUM True Wireless 3マイク音声

CX Plus True Wireless マイク音声

SONY WF-1000XM4 マイク音声

Air Pods Proマイク音声

さいともくん

分はSONY WF-1000XM4とAir Pods Proにあったように感じましたがいかがだったでしょうか?

ねんねちゃん

比較するとわかることがあるんですね!

CX Plus True Wirelessとの全体比較

まずひとつ下位のモデルCX Plus True Wirelessとどれだけ差があるのかを10段階で総合評価をさせていただきました。

独断の総合比較MOMENTUM True Wireless 3CX Plus True Wireless
ノイキャン88
外音取り込み109
アプリなどの便利機能88
iPhoneとの相性98
Androidスマホとの相性99
マイク通話音質75
音質108

iPhoneとの相性に関して音質面でmomentum3が+1としました。

WF-1000XM4やAir Pods Proとの比較

完全ワイヤレスイヤホンの代名詞とも言える2機種比較評価させていただきます。

10段階評価MOMENTUM True Wireless 3WF-1000XM4Air Pods Pro
ノイキャン877
外音取り込み1097
装着1069
アプリなどの便利機能886
iPhoneとの相性9810
Androidスマホとの相性99?
マイク通話音質7109
音質108
気軽さ8710
総合評価1088

今回このような評価となった理由としてとにもかくにも音質の違いは数字2つ違うほどの差を感じました。

さいともくん

かといって他2機種が悪いというわけではないんです。

しかしながら発売から3年経とうとしてるAirPods Proに10点満点が2つあるのは凄みを感じざるを得ません。

ねんねちゃん

Air Pods Pro 2が待ち遠しいものです

また2021年最強と謳われるSONY WF-1000XM4は個人的にイヤーピースが合わなかったものの音質の柔らかさに感服いたしました。さらにはマイクの音質も素晴らしすぎて改めてトップクラスの完全ワイヤレスイヤホンだなと感じました。

MOMENTUM True Wireless 3のペアリングとアプリ、操作方法

ペアリング方法

ペアリングはとっても簡単!

STEP
デバイス側のBluetoothをオンにしておく
STEP
ケースからイヤホンを取り出してペアリング状態にする

また自発的にペアリングしたい場合はイヤホン両方のボタンを3秒間押し続けます。

STEP
MOMENTUM TW3と表記されるのでこれをタップ
STEP
接続済みとなればペアリング完了

アプリについて【Smart Control】

Sennheiser Smart Control

Sennheiser Smart Control

Sonova Consumer Hearing GmbH無料posted withアプリーチ

アプリでの簡単な説明の箇条書きになります。

接続デバイス

まだマルチポイント対応ではなく最大1台のデバイス接続となっていますが、今後のアプデがあるのでは?という項目になります。

イコライザー設定

好きな音質にカスタマイズ
サウンドモードでは低音に特化したバスブースト、話し言葉をはっきり聴くことに特化したポッドキャストの項目を選択可能

Sound Cheak

好きな音楽を流しながらイコライザー設定する項目

トランスペアレントモード

外音取り込みのオンオフ 音楽のオンオフ レベル調整

アクティブノイズキャンセレーション

ノイキャンのオンオフ
風切音の防止

Sound Zones

自宅、職場、ジムなどで使用する際の設定項目(ノイキャンやイコライザーなどの設定)を事前に決められます。

タッチコントロール

タッチコントロールを無効にもできます。
また操作設定もカスタマイズ可能

操作方法

スクショのようになっていますがカスタマイズも可能になっています。

他機種で都合上音量調整などできないことがあるのですが、ほとんどの操作が可能なので助かります。

MOMENTUM True Wireless 3の音質と比較

ねんねちゃん

公式のキャッチフレーズを見ていきましょう

至高のゼンハイザーサウンド

ゼンハイザーの高性能TrueResponseトランスデューサーが奏でる淀みないクリスタルのような音、溢れる臨場感、正確で深みのある低域、ナチュラルでクリアな中高音域、全ての音を忠実に再現。

もう一つのチップ搭載で音質と全てが向上

第二世代では一基だったプロセッサを、MOMENTUM True Wireless 3にはもう一基搭載し、NC制御+DACの役割を担当して効率を上げることにより、音質を高め、全体のパフォーマンスを大幅に向上。

ゼンハイザー公式より

全ての音を忠実に再現という単語にピッタリなゼンハイザーの印象ですが、この公式の言葉そのまま再現されてる印象です。

もちろんまだまだDACに繋いだ有線イヤホンにはまだまだ及びませんが、今まで聴いてきた完全ワイヤレスイヤホンの中では群を抜く圧倒的音質を感じることができました。

ねんねちゃん

お値段的にあたりまえだろ!

さいともくん

となりますが、あたりまえのように最高の音質にしている。そんな印象です♪

iPhoneでの使用について

コーデックにaptX AdaptiveがあるということでAndroidスマホを利用してる方に注目が多くなるかと思いますが、iPhoneでも使用を確認しました。

AACコーデックということですが、限界突破してるような音質で低音の形や広がりが可視化してるかのような解像度で、この解像度が中音や高音の邪魔をしないバランス力の凄みを感じました。

独断ではありますが、音質3機種の徹底比較

MOMENTUM True Wireless 3WF-1000XM4Air Pods Pro
低音1087
中音986
高音888
ボーカル988
演奏(楽器)998
バランス1098
音場997
解像度998

本来はもっと10点になってもおかしくない出来なのですが、どうしてもDACに繋いだ有線イヤホンの音質が印象強いのでご了承ください。

MOMENTUM True Wireless 3のまとめ

残念なところ

残念なところ

マイク性能が他製品と比較するとよくなかった

マルチポイントがない

マイク性能が思いのほかよくありませんでした。外音取り込みのマイクは素晴らしさを感じたのですが、少し残念なポイント。

マルチポイントの方は今後のアプデでくるかもしれない雰囲気を醸し出しているので期待大♪

ねんねちゃん

期待してます!ゼンハイザーさん♪

いいところとおすすめな方

最後にまとめとしていいところを箇条書き形式にしてみました!

耳にしっかりフィットする

耳にしっかりフィットするから音質の良さがしっかりわかる

低音が強くても聴き疲れがない

iPhoneでも素晴らしい音質を堪能できる

機能面がシンプルでつかいやすい

ノイキャンも素晴らしいがゼンハイザーのマイク技術の高さから外音取り込みが最高

値段・デザイン・音質 どれをとっても1級品なので所有感(ラグジュアリー感)を得られる

Spotifyなどのストリーミングサービスで古今東西の音楽を聴きまくれるので音楽好きには憂鬱な通勤通学やきついワークアウトもいい音質で好き放題聴けるのは至高の極みとなります。

おすすめな方

とにかく2022年最高最強音質のイヤホンを手に入れたい方

ゼンハイザーの音の良さを知ってる方

憂鬱な通勤通学を大好きな音楽で高音質で楽しみたい方

耳のフィット感がすごいのでワークアウトでも使えるイヤホンをお探しの方

現在お持ちのイヤホンに不満のある方

さいともくん

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

東京都下在住のフリーランス。アコギ初心者練習に余念のない元ベーシストバンドマン。ピアノの音すき。つまりは音楽が好きです。
本業の仕事では、ほぼ毎日運転しつつも十年以上無事故無違反のガチゴールド安全運転者。
禁煙歴2年になります。
当ブログの『さいともブログ』ではイヤホンを中心としたガジェット、はたまた横山光輝「三国志」についてのブログとなっております。

ahamo

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる