MENU
2022/5/28-5/30【タイムセール祭り】
\ 最大10%ポイントアップセール! / 詳細を見る

ゼンハイザー 【CX Plus True Wireless レビュー!】 仕事とプライベートでもう1個ほしいくらいの傑作イヤホン!

  • URLをコピーしました!
さいともくん

こんにちは!さいともと申します。

今回はゼンハイザーの新作完全ワイヤレスイヤホン CX Plus True Wirelessを紹介します!

この商品でわたしたちの信頼支持をさらに強固なものとしたゼンハイザー

さいともくん

ぐうの音も出ないという表現がこれほどまでに当てはまる商品はないのではないかという内容です!

低音が出るとか音場が広いとかそういったレベルを超越しています。

つまりは余計な音色なくそのままの音を楽しめます!というのがゼンハイザーの音色のこだわりを逆に感じさせてくれます!

くわし子さん

これがゼンハイザーサウンドといわれる所以なのでしょうか?

なので

低音ゴリゴリ
音場が広くてコンサート会場のような感じ
高音の突き刺さる音

をお求めの方には向かないかもしれません。

さいともくん

CX Plus True Wirelessの抑えるべきポイントをまずは網羅してみます!

くわし子さん

つまり結論!

CX Plus True Wirelessの抑えるべきポイント

CX 400BT True WirelessおよびCX True Wirelessの上位モデル

 フラグシップモデルのMOMENTUM True Wireless 2に匹敵、人によってはこれを凌駕するのでは!?との声も!

上位モデルといえども音質はCX 400BT True WirelessおよびCX True Wirelessとはほぼいっしょで
極端な差別化をしておりません!

主に機能面での差別化なので下位モデルもしっかり値段含めた購入検討の候補にもなるかと思います。

ゼンハイザー独特のノイズキャンセリングと外音取り込み機能付き

外音取り込みのマイク性能がよくて、聞き取りやすい!

防水規格 IPX4(CX 400BTにはなし)

外での使用がしやすくなる!

aptX Adaptive コーデックでハイレゾ級音質を楽しめる(Androidスマホの一部のみ)

Google Pixel 6などAndroidスマホの主力スマホでもまだ対応していないコーデックなのでしっかりチェックしておきましょう!

操作感がシンプルでわかりやすく余計なものがない

ごにゃごにゃした印象はなく、シンプルでスマートなイヤホンでお気に入りのイヤホンとなっております!

さいともくん

正直、価格帯が2万円前後なのが信じられない!

仕事とプライベートで2台持ちしたいくらいの傑作完全ワイヤレスイヤホンになります!

さいともくん

今回わたしはblackではなくwhiteを購入してみました!

くわし子さん

これがなかなかカッコいい!

上記のポイントを踏まえてわかりやすく写真をまじえて詳しく見ていきたいと思います!

目次

CX Plus True Wirelessの外観と付属品

さいともくん

まずは外観や付属品を見ていきましょう!

いつものゼンハイザーらしいシンプルで色合いのいい箱です!

両側面

側面はアプリの案内やコーデックや防水規格などの表記があります。

開封

付属品

説明書類

USB-typeC

USB-typeCなのはうれしいのですが、ワイヤレス充電対応だともっとよかったかも!

本体

いたってシンプルですが安っぽさは感じられません。

充電ケース

充電ケースと本体

充電ケースのふたの裏にSENNHEISERと表記されています!

本体重さ

ケース

本体とケース

ちなみにこの重量の体感として装着しての重みやストレスを感じることはありませんでした!

CX Plus True Wirelessの仕様比較

わたしが所有しているCX 400BT True Wirelessとの比較になります!

仕様比較CX Plus True WirelessCX True WirelessCX 400BT True Wireless
寸法イヤフォン2個 + ケース: 59 x 33.8 x 42.3 mm (2.3 x 1.3 x 1.6 in)イヤフォン2個 + ケース: 59 x 33.8 x 42.3 mm (2.3 x 1.3 x 1.6 in)59 x 33.8 x 42.3 mm
本体重量47g(イヤフォン2個 + ケース) 6g(イヤフォン1個) 35g(ケース)イヤフォン2個 + ケース:約 49 g (12g + 37g)49g (イヤホン、ケース) 12g (イヤホン) 37g (充電ケース)
周波数特性(マイク)100 Hz ~ 10 kHz(マイク)100 Hz ~ 10 kHz(マイク)100 Hz ~ 10 kHz
マイクロホン2 mic ビームフォーミング・アレイ (合計4 mics)2 mic ビームフォーミング・アレイ (合計4 mics)表記なし
電源5 V⎓ 600 mA max5 V⎓ 600 mA max5 V⎓, 600 mA max
スピーカー形式トゥルーレスポンス・トランスデューサー ゼンハイザー 7mmダイナミックドライバートゥルーレスポンス・トランスデューサー ゼンハイザー 7mmダイナミックドライバーゼンハイザー 7mm ダイナミックドライバ
USB規格USB-CUSB-CUSB-C
ノイズキャンセレーションアクティブノイズキャンセリングパッシブノイズキャンセレーションパッシブノイズアイソレーション
パッケージ寸法170 × 130 × 47 mm表記なし(L x B x H) 170 x 115 x 47 mm
イヤカップ形状インイヤー、密閉型インイヤー、密閉型インイヤー、密閉型
充電時間1.5時間(フルチャージ)/ 15分(1時間動作)1.5時間(フルチャージ)/ 15分(1時間動作)1.5時間(フルチャージ)/10分(1時間動作)
充電池仕様ビルトインリチウムイオンバッテリービルトインリチウムイオンバッテリーリチウムイオンバッテリー
BluetoothBluetooth 5.2対応 + Class 1(10mW)Bluetooth 5.2対応 + Class 1(10mW)Bluetooth 5.1
Bass BoostSmart Control Appでの設定Smart Control Appで設定Smart Control Appで設定
動作時間イヤフォン本体:最大8時間 / ケース併用で最大24時間イヤフォン本体:最大9時間 / ケース併用で最大27時間充電ケース併用で最大20時間の音楽再生(本体のみ最大7時間)
アプリサポートSmart Control App ( iOS™ 、Android™)Smart Control App ( iOS™ 、Android™)Smart Control App ( iOS™ 、Android™)
対応プロファイルA2DP, AVRCP, HFPA2DP, AVRCP, HFPA2DP, AVRCP, HSP, HFP
コーデックSBC, AAC, aptX、aptX™ AdaptiveSBC, AAC, aptX™SBC, AAC, aptX™
イコライザーSmart Control App でのEQプリセットSmart Control App でのEQプリセットSmart Control App でのEQプリセット
周波数帯域5 hz ~ 21,000 Hz5 hz ~ 21,000 Hz5 – 21,000 Hz
防水IPX4IPX4なし
製品保証2年間2年間2年間

表を見た限りでは全部入りであればCX Plus True Wireless

ノイキャン・外音取り込み・aptX adaptiveがいらなければCX True Wireless

さらに防水機能もいらなければCX 400BT True Wirelessという印象です。

ドライバーや音質はMOMENTUM True Wireless 2も含めて同等のものなので音質による差別がなく、機能や形状(MOMENTUMだけですが)、コーデックなどで差をつけている印象です!

※製品保証に関して Amazonより

【カートに入れる前にお読みください】
この商品のメーカー保証は、「この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。」と表示される商品が対象です。 他の出品者からの購入はメーカー保証対象外になる場合がありますので、出品者にお問い合わせください。

メーカー保証に関する詳しい情報は、こちらをご確認ください。https://ja-jp.sennheiser.com/japan-dealers

Amazon 製品ページより

CX 400BT True Wirelessと外観比較

以前にCX 400BT True Wirelessを購入し記事にしました。

外観比較してみたいと思います。

充電ケース

大きさは同じですが、細かなランプ位置などの違いは見受けられます。

本体

さいともくん

しっかり見ないとなにが変わったかわからないレベルですね!

CX Plus True Wirelessのペアリングとコーデックについて

さいともくん

ペアリングは簡単!

スマホ 『設定』をタップして『Bluetooth』をタップ

オンにした状態で充電ケースから本体を取り出して両耳に装着

両方のタッチ操作パネルを3秒間長押しするとペアリングしますとアナウンスがあります。

無事ペアリングすると写真のようになります。

※アプリ導入時にもペアリング操作が必要な時があります

また今回CX Plus True Wirelessの売りの一つにaptX Adaptiveというコーデックが追加されました。

これによってハイレゾ級音質の試聴が可能になりました。

さいともくん

完全ワイヤレスイヤホンもハイレゾ級試聴の時代がきました!

aptX Adaptiveについて

最新aptX™ Adaptive搭載で24bitに対応* (従来のaptXは16bit)。ダイナミックレンジが更に広がり、ゼンハイザーサウンドがネクストステージへ。

aptX™ Adaptiveはスマートフォン側も対応していることが条件です。

低遅延で音切れしにくい、”つながる”高音質

TrueWireless Mirroring(トゥルーワイヤレスミラーリング)とaptX™ Adaptiveを搭載したクアルコム社製チップは、それを心地よく聴くためのサポート面も大幅に向上。なかでもaptX™ Adaptiveは場所や時間による混雑具合や接続状況に合わせて転送データを自動調整することにより、省電力に加えて低遅延で音途切れしにくいパフォーマンスを実現。

CX Plus True Wireless 公式より
さいともくん

他のコーデックについもwikiから拾ってみました。

さらに防水規格IPX4について

※ちなみに CX Plus True Wireless はマルチポイント(2台同時接続)には対応していませんでした。

CX Plus True Wirelessの装着

イヤホン全体にいえることですが、なんといっても装着感がしっくりくるのが大切です。

もし付属のイヤーピースが合わない場合もあるかもしれませんが、これも多種多様なイヤーピースが販売されているので試してみましょう!

ポイントはイヤホンを装着したらひねることです!

CX Plus True Wirelessはノイキャンが導入されていますが、もともと遮音性が高く音楽に集中して試聴することができます。

これがゼンハイザーの醍醐味といえると思うので納得いかない場合はぜひ妥協ない装着を見つけてほしいです!

CX Plus True Wirelessのアプリと操作

アプリと操作はいたってシンプルでわかりやすく、こういった設定などに疎い私でもこんなんでもいいのか!というほどでした。

Sennheiser Smart Control

Sennheiser Smart Control

Sennheiser electronic GmbH & Co. KG無料posted withアプリーチ

アプリでは操作設定の変更
ノイキャン・外音取り込みにおいてのオンオフ設定が可能になっています。

イコライザーによる低音中音高温の比率を設定

充電 点灯状態

 残量あと少し
黄色 半分
 充電OK

CX Plus True Wirelessの音質とノイキャンと外音取り込み

ゼンハイザーのノイキャンと外音取り込みはこだわりがあります!

はたして公式が言っている通りなのか?を検証してみました!

アクティブノイズキャンセリング

音質を損ねない圧迫感のない自然なアクティブノイズキャンセリングとパッシブノイズアイソレーションの融合でいつでもどこでも周囲の音を遮断して音楽だけを感じてください。

ゼンハイザー 公式より

ほんとに公式がおっしゃるとおりで反論の余地なく圧迫感なく音楽を楽しめました。

検証したことが恥ずかしいくらい!

外音取り込み機能

周囲の音を聴くことができる外音取り込み機能でプライベートも仕事も毎日をもっと便利に手軽に。軽く立ち寄ったお店でのショップスタッフとの会話、そばにいる友人やパートナー、同僚との会話などもクリアに聴き取ることができます。

ゼンハイザー 公式より

ノイキャンから外音取り込みにするとその差にびっくりするほど自然な音になります!

本来遮音性が高いはずなのにこの外音取り込みは凄みを感じました。

さいともくん

正直、ノイキャンはともかく外音取り込みはそんなに重要視してなかったのですが、この自然音には驚きました!

くわし子さん

ゼンハイザーはマイクも良質なものを開発発売しているからかしら?

Spotifyで聴いてみた!

以下のiPhone Androidスマホ DAPでこれらの楽曲を聴いてみました!

ジャンルとしては現在の流行、過去のJAZZ、映画音楽(クラシック)、ロックとなります。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

東京都下在住のフリーランス。アコギ初心者練習に余念のない元ベーシストバンドマン。ピアノの音すき。つまりは音楽が好きです。
本業の仕事では、ほぼ毎日運転しつつも十年以上無事故無違反のガチゴールド安全運転者。
禁煙歴2年になります。
当ブログ『さいとも音ガジェブログ』では気軽で楽しくなるイヤホンやヘッドホンなどを中心としたガジェットを紹介しています。

ahamo

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次