MENU
2022/5/28-5/30【タイムセール祭り】
\ 最大10%ポイント追加! / 詳細を見る

【ゼンハイザー HD 599 SE】レビュー!最高の音質だけど音漏れはどんなレベル?

  • URLをコピーしました!
さいともくん

こんにちわ!さいともと申します。

今回たびたびAmazonでセールになったりで手頃なお値段にもなることも多い、ちょっと高級な有線開放型のヘッドホン、ゼンハイザーのHD 599 SEについてレビューしていきます。

Amazonでの取り扱いが2016/11/2とあるように5年以上売れ続けており、評価に関しては6700名以上の評価ながら星5つ中、4.6ということでかなり高評価なヘッドホンになります。

私はAmazon限定カラーのブラックを購入しましたが、プリンと形容されるオリジナルモデルのゼンハイザー HD 599もあります。

Amazon販売ページより
さいともくん

さっそくですが結論から箇条書きします!

HD 599を使用した結論

気軽に使える

リケーブルが簡単

普通に音がいい

側圧(装着感)が優しい

※普通にとはめちゃめちゃいい音という意味

ねんねちゃん

なんやその注釈!

有線ヘッドホンなのでなかなかスマホなどでは使いづらい面があるかと思いますが、有線特有の音のよさはワイヤレスにはない魅力があります。

さらには遅延がないというのも魅力で動画編集やアンプ使用が必須にはなりますが音楽鑑賞、PC関連の作業やゲームにおいても力を発揮するヘッドホンになります。

さいともくん

しかしながら一方で残念なところもあります。

残念なところ
  1. 開放型ということもあり音漏れがあるため通勤通学など人の多いところでは使用できない。
  2. ヘッドホンにありがちになりますがインピーダンスが50 Ωということもありデバイスに直差しでは音量の小ささに落胆するかもしれません。
  3. 他製品のような折りたたみができない。
ねんねちゃん

上記2点は開放型ヘッドホンの宿命かもしれませんね

この記事ではこの音漏れに関して深掘りしていきたいと思います!

ねんねちゃん

目次で探してね!

おすすめな方

モニター的ヘッドホンをお探しの方

ゼンハイザーファンの方

PC関連の作業で動画編集やゲーム(アンプ必須)にと多様に使用されたい方

お持ちのヘッドホンに不満な方

ゼンハイザー(Sennheiser)
¥26,400 (2022/05/24 00:09時点 | Amazon調べ)

【カートに入れる前にお読みください】この商品のメーカー保証は、「この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。」と表示される商品が対象です。 他の出品者からの購入はメーカー保証対象外になる場合がありますので、出品者にお問い合わせください。

Amazon販売ページより
さいともくん

詳しくみていきます!

目次

ゼンハイザーHD 599 SEの外観・開封・付属品

箱はまったくデザイン性がなく届いた時何の箱かと思いました。

開封

付属品

  • 3mケーブル/6.3mmストレートプラグ
  • 1.2mケーブル/3.5mmストレートプラグ
  • 6.3mm – 3.5mm アダプター

説明書

ヘッドホン全体

ヘッドホン耳あて部分クッション

ヘッドホンヘッド部分

重さ

253.60g

ゼンハイザーHD 599 SEギャラリー

ちなみに伝説的にもなっている、通称プリンと称されるオリジナルモデルもあります。

ゼンハイザー(Sennheiser)
¥21,700 (2022/05/25 18:46時点 | Amazon調べ)
ねんねちゃん

わたしはこっちが好みです!

ゼンハイザーHD 599 SEの仕様

Amazon販売ページより
  • ブラック
  • インピーダンス50 Ω
  • 周波数帯域12- 38,500 Hz
  • 感度106dBSPL (1kHz/1Vrms)
  • 全高調波歪(THD + N)<0.1% (1kHz, 100dBSPL)
  • 本体重量250 g
ねんねちゃん

つけ心地についてみていきます!

長時間のリスニングも快適

E.A.R機構搭載

人間工学に基づいたエルゴノミックデザインを取り入れた独自技術 『E.A.R.』(Eargonomic Acoustic Refinement)を採用。

より自然に振動板から発せられたサウンドを耳まで正確に届けるため、耳に対して平行となるよう僅かに角度を付けたバッフルにユニットが取り付けられています。

快適性

軽量なヘッドバンドはやわらかい皮素材を使用、優しい掛け心地ながら安定感は抜群。

大きなベロアのイヤークッションで快適な装着感。

肉厚なサウンドと広い音場でその再生能力は上位機種にも負けない優れたコストパフォーマンスを発揮。 交換可能なイヤーパッドには耳に心地よいベロア生地を使用し、長時間のリスニングも快適。

ゼンハイザー 公式より

交換可能なイヤーパッドというのが長い期間使用していくのにポイント高い!

装着イメージ

ヘアアレンジ用のマネキンヘッドでの装着イメージになります。

ちなみに顔は小さいので参考までに♪

ゼンハイザー(Sennheiser)
¥26,400 (2022/06/29 16:40時点 | Amazon調べ)

ちなみに交換用イヤーパッドのリンクになります。

楽天ビック(ビックカメラ×楽天)
¥3,813 (2022/06/29 16:40時点 | 楽天市場調べ)

ゼンハイザーHD 599 SEの音質

Amazon販売ページより

プレミアム品質 HD 500シリーズのトップモデル

高域から低域までキレのあるクリアなサウンドで圧倒的な高音質を実感できるプレミアムヘッドホン。

ゼンハイザー独自のリングトランスデューサは高効率、優れたダイナミクス、極めて低い歪みを実現するアルミボイスコイルを使用。

メタリックシルバーのアクセントが印象的な洗練された優雅な外観。

抜けのある広い音場と透明感のあるナチュラルなサウンドでどんな音楽ジャンルでも見事に表現します。

ゼンハイザー公式より

公式からの引用になりますが、抜けのある広い音場というのはヘッドホン特有の良さが活かされているように感じました。なので簡潔にいってしまうと

足りない音がないのに邪魔な音がない

ようはバランスのいい音ということになります。

動画編集などで視聴される方がどうせよい音質で聞いてるわけではないのでそれなりのイヤホンやヘッドホンでいいという声も聞きますが、マイクの音の拾い具合や裏から聞こえるBGMの強弱など動画編集において音のバランスは重要かと思います。

ねんねちゃん

めちゃ動画編集者におすすめしとるわね!

さいともくん

そう!何が言いたいかというとプロ仕様感が強いということになります。

なので音楽鑑賞ではアンプを介してになりますが製作者がこだわりぬいた音の比率を体感できることになります。

リズムギターの音が斜め右から聞こえてきて真左からはパーカッションの音が聞こえる
中央ではベースとドラムのリズムがメリハリをもって刻まれる。

さいともくん

これドリフターズの「ヒゲのテーマ」になります。

ねんねちゃん

よけいなこを…

ゼンハイザーHD 599 SE 開放型ヘッドホンの音漏れ具合

さいともくん

開放型のヘッドホンの音漏れ状況を検証してみました。

想定としては電車でとなりの人との距離間を考えて録音しました。

またすこし音量高めで曲を流しています。

イヤホンやヘッドホンで聞いて比較するとわかりやすいかと思います。

ヘッドホン オープン型 HD 599 SE

開放型のHD 599 SEとの比較に密閉型のaudio-technicaのATH-M50xも同じ条件で録音してみました。

audio-technica ATH-M50x

体感としては開放型のHD 599 SEでしたが録音を聴くがぎりはどちらも同じ音量に感じました。

ただし漏れる音の質が違う感じがしました。

HD 599 SEのほうは高音寄りで密閉型ATH-M50xは全体的な音漏れの音に感じました。

※フリーの曲を流しております。

[フリーBGM DOVA-SYNDROME / FREE BGM DOVA-SYNDROME]  https://dova-s.jp/  
[楽曲詳細情報・フリー(mp3)ダウンロード / information & free(mp3) download]  https://dova-s.jp/bgm/play13002.html  
[作曲者情報 / Composer]  https://dova-s.jp/_contents/author/pr...  
[音楽素材ライセンス / License]  https://dova-s.jp/_contents/license/

参考に比較した密閉型有線ヘッドホンの記事

少しでも参考になれば幸いです。

ゼンハイザーHD 599 SEのまとめ

Amazon販売ページより

残念なところ

残念なところ
  1. 開放型ということもあり音漏れがあるため通勤通学など人の多いところでは使用できない。
  2. ヘッドホンにありがちになりますがインピーダンスが50 Ωということもありデバイスに直差しでは音量の小ささに落胆するかもしれません。
  3. 他製品のような折りたたみができない。
ねんねちゃん

上記2点は開放型ヘッドホンの宿命となります

いいところとおすすめな方

リケーブルが簡単

有線のヘッドホンやイヤホンの故障の多くは断線と聞きますのでケーブルを脱着できる方式なのはありがたいかぎりになります。

側圧がやさしい

頭の長さや大きさは人それぞれになりますが、こちらは開放型のいいところというべきか気軽さがあって装着もスムーズでなによりパッドの柔らかさ具合がやさしくて心地いい。

開放型らしからぬ音の厚み

1音1音にのめり込めてしまうせいか一瞬密閉型なのではと思わせてくれるほどの音の厚みを感じます。

さいともくん

開放型の頂点クラスのヘッドホン!といいたくなるほど納得のヘッドホンになりました。

最後におすすめな方

おすすめな方

モニター的ヘッドホンをお探しの方

ゼンハイザーファンの方

PC関連の作業で動画編集やゲーム(アンプ必須)にと多様に使用されたい方

お持ちのヘッドホンに不満な方

ゼンハイザー(Sennheiser)
¥26,400 (2022/06/29 16:40時点 | Amazon調べ)

最後まで読んでいただきありがとうございました。

最後に同じメーカーであるゼンハイザーから2022年最強完全ワイヤレスイヤホンが発売されました!

ねんねちゃん

こちらのレビューもぜひぜひお立ち寄りください♪

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

東京都下在住のフリーランス。アコギ初心者練習に余念のない元ベーシストバンドマン。ピアノの音すき。つまりは音楽が好きです。
本業の仕事では、ほぼ毎日運転しつつも十年以上無事故無違反のガチゴールド安全運転者。
禁煙歴2年になります。
当ブログの『さいともブログ』ではイヤホンを中心としたガジェット、はたまた横山光輝「三国志」についてのブログとなっております。

ahamo

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる