MENU
2022/5/28-5/30【タイムセール祭り】
\ 最大10%ポイントアップセール! / 詳細を見る

【オーディオテクニカ ATH-TWX9】レビュー!聴けば聴くほど解像度とバランスを感じられる一品♪

  • URLをコピーしました!
さいともくん

こんにちわ!さいともと申します。

今回レビューする完全ワイヤレスイヤホンはオーディオテクニカのフラッグシップモデル、 ATH-TWX9

さいともくん

ほんとはまったく購入予定はなかったのですが、ついつい手が出てしまいました

ねんねちゃん

破産するぞ!

ではなぜついつい手が出てしまったのか?

ATH-TWX9を購入してしまった主な要因

デザインがマットでかっこいい

全ての機能がつまっている(ノイキャン 外音取り込み マルチポイント ハイレゾコーデックなど)

除菌までできる!

前作ではないが以前に購入したATH-CKS50TWがとにかく良かったから

2021年10月ATH-CKS50TWをレビューさせていただいたのですが、使用時間やコスパ、音質に機能面とどれをとっても文句のない優れたイヤホンだったので、デザインのかっこよさも相まって期待値が大きくなり購入にいたりました。

正確には前作がATH-CKR70TWでわたしが購入したのはATH-CKS50TWなので比較が難しい面がありますが全力でレビューさせていただきます!

ATH-TWX9 の結論

ATH-TWX9のよさはデザインと音の解像度と除菌!
そしてマイク音質のよさ!(しっかり低音のある音質)

集約してしまえばこんな感じ!

メリットデメリットも最初に記しておきます!

メリットデメリット
音の解像度が他にはない独自性のものがある
ボーカルやピアノといった主旋律を心地よく聴けるバランス力がある
デザインがかっこいい
イヤーピースがフィットして装着感がある
マルチポイントがあるので複数台ペアリングできる
Qualcomm snapdragon soundに対応
360 Reality Audioを楽しめる
マイク音質はワイヤレスイヤホン界No,1!
低音ゴリゴリではな
ボタン操作が複数あって面倒なところがある
カラーバリエーションがほしい
Air Pods Pro 2やBoseなどのワイヤレスイヤホンと発売時期が少々同じなのでそっちにひっぱられてしまうのがもったいない
もっと極端な機能があってもよかった?(ノイキャンが半端ないとか)

音の解像度が他を圧倒してる印象

ボーカルやピアノなど主旋律の音がはっきりしていてリズム帯の解像度がそれを引き出している

デザイン力の優れたケースのマット感や除菌機能、360 Reality Audioなどあるもののそういった機能面のみならず肝心の音の素晴らしさに感服しました。

さいともくん

ATH-CKS50TWでも感じたことですが、バランス総合力の高さを感じました!

ねんねちゃん

これぞ日本のメーカー!応援したくなります!

詳しくみていきます!

目次

ATH-TWX9 の外観・開封・付属品・重さ

裏面

開封

説明書類

イヤーピース

フラッグシップモデルにふさわしいフィット感装着感を得るためにいろんな3種類の形状を各サイズ揃えています。

導管の長さが異なる3種類のイヤピースをサイズごと、計12種類のイヤピースを付属。イヤピースが耳に収まる深さや、径方向の大きさなどに応じて最適なものを選べるため、一人ひとりに仕立てられたような特別な装着感が得られます。高い密閉感とフィット感により、本製品でのみ味わえる音表現やノイズキャンセリング効果を最大限に体感することができます。

audio-technica公式より

USB-typeC

充電ケース

イヤホン本体

イヤホンノズル部

イヤホンタッチパネルと物理ボタン

大きさの目安と重さ

充電ケースとイヤホン

68.47g

充電ケースのみ

57.32g

イヤホンのみ

11.10g

いわずもがなですが重さを感じることはありません。

ATH-TWX9 の仕様・スペック・特長・総合10段階評価

audio-technica公式より
仕様・スペックATH-TWX9
イヤホン部型式ダイナミック型
ドライバーφ5.8mm
出力音圧レベル102dB/mW
再生周波数帯域10~40,000Hz
インピーダンス16Ω
マイクロホン部型式MEMS型
指向特性全指向性
感度−38dB(1V/Pa,at1kHz)
周波数帯域100~16,000Hz
通信仕様通信方式Bluetooth標準規格Ver.5.2準拠
最大通信距離見通しの良い状態で10m以内
使用周波数帯域2.4GHz帯(2.402~2.480GHz)
変調方式GFSK、Pi/4DQPSK、8DPSK
スペクトラム拡散方式FHSS
対応BluetoothブロファイルA2DP、AVRCP、HFP
対応コーデックQualcomm® aptX™ Adaptive audio、Qualcomm® aptX™ audio、AAC、SBC
対応コンテンツ保護SCMS-T方式
対応サンプリング周波数44.1kHz、48kHz、96kHz *1
対応ビット数16bit、24bit *2
伝送帯域10Hz~47,000Hz(Qualcomm® Snapdragon Sound 96kHz サンプリング時)20Hz~20,000Hz
電源
イヤホン:DC3.85V リチウムイオン電池(内蔵式)
充電ケース:DC3.85V リチウムイオン電池(内蔵式)
充電時間イヤホン:約2.5時間
充電ケース:約3.5時間(USB充電時)、約5.0時間(ワイヤレス充電時)
使用可能時間*連続通信(音楽再生時):最大約6.0時間(イヤホン)、最大約18.5時間(充電ケース併用時)
質量イヤホン:約5.4g(L側)、約5.4g(R側)
充電ケース:約55.9g
防滴仕様IPX4(イヤホン本体のみ)
使用温度範囲5~40℃ 1 Qualcomm® Snapdragon Sound 再生時の場合2 Qualcomm® Snapdragon Sound、Qualcomm® aptX™ Adaptive audio 再生時の場合* 使用条件により異なります。
付属品30cm 充電用USBケーブル(USB Type-A/USB Type-C)イヤピース:Short(XS,S,M,L)、Standard(XS,S,M,L)、Long(XS,S,M,L)
audio-technica公式より

オーディオテクニカの仕様表記は丁寧ですばらしい

仕様を見て思うのはすごく丁寧であることです。

外国のメーカーではこのようなしっかりした仕様は見ることができません。

温度まで示してあるのはなかなか他メーカーでは見ることができません。

日本メーカーの誇りを感じます!

ATH-TWX9の総合10段階評価

ATH-TWX910段階評価
デザイン10
装着感10
アプリ9
付属品10
イヤーピース10
機能性9
操作性8
ノイキャン8
外音取り込み7
電池9
マイク性能10
iPhoneとの相性8
Androidスマホとの相性9

採点の理由

デザインや装着感、付属品のイヤーピースの充実などはパーフェクトな点数とさせていただきました。

操作性に関しては物理ボタンとタッチ式のところがあり、これは左右1個でいいのかな?という印象

ノイキャンや外音取り込みは極端な良さではないけど適度で自然な強さでかえってストレスがなく個人的には効きすぎるノイキャンやマイクから音を拾っている感の音を感じるよりはるかに良かった。

コーデックの都合上、iPhoneよりAndroidスマホの方が音質や遅延に関して力は発揮する印象。

ATH-TWX9 オーディオテクニカ公式から特徴コンセプトを要約

audio-technica公式より

アーティストの熱い想いが伝わる演奏を聴いてのめり込む、クリエイターの想像力が生む動画で味わう感動、直接会えない人や仲間、ビジネスパートナーと心の通うテレコミュニケーション。人は音でつながっています。音で心がつながる空間を創出できることが、次世代のプレミアムイヤホンの設計思想になりました。音楽と通話のパフォーマンスを極め、音の空間や使いかたさえも自由にカスタマイズできる完全ワイヤレスイヤホン ATH-TWX9。

公式の文章からもわかるようにコンセプトは音楽だけでなく通話にも言及してるのがわかるかと思います。

音を聞いた瞬間に解像度の素晴らしさを感じましたが、音の大切さがこのATH-TWX9には感じることができました。

⾳の全貌を描く、驚きのサイズで

聞いた瞬間感じる解像度の正体がこの技術に詰まっています。

気持ちまで伝わる、通話品質

ビジネスシーンでニュアンスまで伝わる、確かなコミュニケーション性能

オーディオテクニカのマイク性能は定評があり数々のアーティストやストリーマーも多く使用していますね!

つなぎたい機器へ、すぐに接続切り換え

2台同時接続やBluetooth機器のつなぎ換えがスマートに

PCとスマホなど2つ接続が同時にできるのは何気に便利で気軽!

⼀瞬で⼼をつかむ、ノイズキャンセリング

2つのノイズキャンセリングシステムで、あなただけの空間へ

ハイブリッドデジタルノイズキャンセリング技術で、限りなくピュアな静寂空間へ

左右のイヤホンに、それぞれ2基ずつ用意されたノイズキャンセリング用小型MEMSマイク*が周りの環境ノイズを拾い、高精度ノイズキャンセリングプロセッサーに伝送。独自開発のノイズフィルター設計を通してノイズキャンセル性能を最大限に高め、不要な雑音を打ち消します。

 *フィードフォワード方式(ハウジング側)とフィードバック方式(導管部側)のマイクを2つ搭載しています。

audio-technica公式より
さいともくん

決して強くはないのですが引用のピュアな静寂空間という表現がぴったりなノイキャン性能となっています

⾝体と⼀つに、イヤホンを意識しない装着感

⼈に寄り添うように、⾃然に着けやすく安定したフィットが持続

カナル型イヤホンはイヤーピースによる装着感が全てと言っても過言ではありません。

自分に合ったおイヤーピースを見つけてください!

今現在あるワイヤレスイヤホンの技術が総集結しています。

イヤホンと暮らすための新習慣

深紫外線による細菌やウイルス除菌で、毎日衛生的に

なんといってもATH-TWX9のおすすめの目玉となるポイント!

ねんねちゃん

イヤホンに除菌という発想はありませんでした!

スマートに充電、ワイヤレス規格Qi対応

充電ケースを置くだけでチャージ

やっぱりあると便利!
フラッグシップモデルにあるべき機能ですね!

ねんねちゃん

スマホと一緒に充電できてとても便利です♪

MOMENTUM True Wireless 3 ソニーWF-1000XM4と音質機能面を10段階比較

どちらも購入して聴き比べたり使用して得た評価を忖度なく独断と偏見になりますが点数をつけさせていただきました。

参考になれば幸いです。

機能・音質ATH-TWX9MOMENTUM True Wireless 3ソニーWF-1000XM4
ノイキャン899
外音取り込み789
装着感1098
アプリ999
デザイン1099
iPhoneとの相性888
Androidスマホとの相性9910
マイク通話音質10710
気軽さ988
低音7109
中音989
高音889
ボーカル1099
演奏(楽器)9109
バランス999
音場899
解像度1099
総合9109

何度でも言っておりますが、ATH-TWX9のよさはデザインと音の解像度と除菌!

そしてマイク音質のよさ!(しっかり低音のある音質)

MOMENTUM True Wireless3は聞いたことない低音重視のすさまじい音質

WF-1000XM4はすべてのバランスが研ぎ澄まされてる素晴らしさ

どれも甲乙つけがたいですが、それぞれ特色があるのが面白いところになります。

MOMENTUM True Wireless3、WF-1000XM4それぞれレビューしていますので是非見ていってください!

ATH-TWX9 のアプリ・ペアリング・操作

ATH-TWX9のペアリング

ペアリングはとっても簡単!

STEP
デバイス側のBluetoothをオンにしておく
STEP
ケースからイヤホンを取り出してペアリング状態にする
STEP
ATH-TWX9と表記されるのでこれをタップ
STEP
接続済みとなればペアリング完了
ATH-TWX9ペアリング

ATH-TWX9のアプリ

Audio-Technica | Connect

Audio-Technica | Connect

audio-technica無料posted withアプリーチ

電池残量表示 使用コーデック イコライザー ノイキャンや外音取り込みの有無 現在聴いている音楽の表記を見ることができます。

ノイズキャンセリングに関しては上記スクショのように合計6個のモードがありますのでお好みで使用できます。

ボリュームの段階をこまかくしたりの選択や低遅延、360 Reality Audioの設定

ATH-TWX9の操作

操作に関してもアプリにて確認が可能になります。

ねんねちゃん

操作に関してはあまりカスタマイズはできないようですね。

右のタッチセンサーを少しと左右入れ替え、音楽優先だけ選択する感じですね

ATH-TWX9 の音質評価とマイク音質

MOMENTUM True Wireless 3 ソニーWF-1000XM4と音質機能面を10段階比較でもふれましたが、改めて音質の10段階評価を独断ではありますがします。

ATH-TWX9音質評価
低音7
中音9
高音8
ボーカル10
演奏(楽器)9
バランス9
解像度10
音場8
総合9

いい音というのはいろんな形がありますが、ワイヤレスイヤホン分野になると低音の存在が不可欠なことが多いのですが、このATH-TWX9はかなり解像度のほうに特化しています。

とにかくボーカルが聴きやすく、聴き疲れがありません。

さらにボーカルなど主旋律を盛り上げるバックの演奏の解像度のよさも相乗効果となって聴きやすい感動を覚えます。

低音ゴリゴリは疲れる!という方にはめちゃめちゃおすすめのイヤホンになります。

ATH-TWX9のマイク音質

個人的にはこれまでワイヤレスイヤホンのマイク音声を収録した中で最高の音質と感じました。

理由としては従来のワイヤレスイヤホンでは低音を感じることがほぼなかったのですが、このATH-TWX9はそれを覆しました。

ねんねちゃん

参考になれば幸いです

ATH-TWX9 のまとめ・おすすめな方

最後に結論・メリット・デメリットを今一度確認します。

ATH-TWX9のよさはデザインと音の解像度と除菌!
そしてマイク音質のよさ!(しっかり低音のある音質)

メリットデメリット
音の解像度が他にはない独自性のものがある
ボーカルやピアノといった主旋律を心地よく聴けるバランス力がある
デザインがかっこいい
イヤーピースがフィットして装着感がある
マルチポイントがあるので複数台ペアリングできる
Qualcomm snapdragon soundに対応
360 Reality Audioを楽しめる
マイク音質はワイヤレスイヤホン界No,1!
低音ゴリゴリではな
ボタン操作が複数あって面倒なところがある
カラーバリエーションがほしい
Air Pods Pro 2やBoseなどのワイヤレスイヤホンと発売時期が少々同じなのでそっちにひっぱられてしまうのがもったいない
もっと極端な機能があってもよかった?(ノイキャンが半端ないとか)
おすすめな方

ボーカルやピアノなど主旋律がしっかり聴けて解像度の高さを感じてみたい方

低音ゴリゴリが苦手な方

除菌機能がるのできれいに使用したい方

ワイヤレスイヤホンの解像度を試したい方

日本のメーカーであるオーディオテクニカの凄さをわかってる方

最後に記しましたが、オーディオテクニカは世界に誇れるすばらしいイヤホンやヘッドホンがあります。

フラッグシップモデルもですが、エントリークラスのイヤホンやヘッドホンも数々販売しているのでおすすめです!

ATH-TWX9 のライバルイヤホンたち

【MOMENTUM True Wireless 3】レビュー!こんなの当たり前だし当然!といわんばかりの2022年最強イヤホン降臨!

ソニー WF-1000XM4 レビュー!イヤーピースが合わなかった!2021年最強イヤホン

AVIOT TE-BD21j-ltd レビュー!上品な大人に特化したサウンドと!デザイン!

【Noble audio FALCON ANC】レビュー!上位互換を聴きたくなる聴き疲れのない満足サウンド♪

実際購入してガチで聴いてきたワイヤレスイヤホンのおすすめになります!

後悔しないワイヤレスイヤホン選びの参考になれば幸いです!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

東京都下在住のフリーランス。アコギ初心者練習に余念のない元ベーシストバンドマン。ピアノの音すき。つまりは音楽が好きです。
本業の仕事では、ほぼ毎日運転しつつも十年以上無事故無違反のガチゴールド安全運転者。
禁煙歴2年になります。
当ブログ『さいとも音ガジェブログ』では気軽で楽しくなるイヤホンやヘッドホンなどを中心としたガジェットを紹介しています。

ahamo

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次