MENU
2022/5/28-5/30【タイムセール祭り】
\ 最大10%ポイントアップセール! / 詳細を見る

AVIOT TE-BD21j-ltd レビュー!上品な大人に特化したサウンドと!デザイン!

  • URLをコピーしました!
さいともくん

こんにちわ!さいともと申します。

解像度に特化したサウンド
いわゆるドンシャリというよりは、落ち着いた大人のサウンド
もっと若い人向けなイメージだったが、大人の人向けの静かなところで聴き入りたくなるイヤホン。

さいともくん

なので大人の上品さを感じたい方向けのイヤホンになります。

AVIOTのフラッグシップモデルにふさわしい完全ワイヤレスイヤホンになります。

さいともくん

高級感ハンパないって!

そしてさらにわたしたちユーザーを大人な気分にしてくれるのが充電ケースの上質感

触るとひんやりする肌触りに粗雑にあつかわせない上品さを感じました。

そしてケースをスライドして開ける感じもにくい演出を感じずにはいられません。

※ジュラルミンを採用しているとのこと!

さいともくん

ケーススライド部の金色のふちもかっこよいです。

Air Pods Proなどはどちらかというとスポーティーさを感じますが、AVIOT TE-BD21j-ltdはおしゃれな社交場に適した気取った気分が味わえます。

さいともくん

スポーツ使用ではAir Pods Proに!
普段使いならAVIOT TE-BD21j-ltdと使い分けしたいくらいです!

見た目も音質も大人なワインの評価のようで恐縮ですが例えでいうなら 芳醇さ(香りが高く味が良い)を感じずにはいられません。

ノイキャンの機能は入っておりませんがイヤーピースがウレタンフォームが付属しているので遮音性を味わえます。

さいともくん

AVIOT TE-BD21j-ltdについてさらにくわしくみていきます!

目次

AVIOT TE-BD21j-ltd開封と外観

AVIOTのフラグシップモデルということで箱からして高級感を感じます。

こういうのはなんだか購入した気持ちよさを感じて印象がいいものです。

開封

箱を開けるとモデルさんの画と透明の保護越しに充電ケースとイヤホン本体が見えます。

付属品

説明書 保証書

AVIOTに限らずなのですが日本メーカーのいいところは説明書がしっかりしているところで安心があります!

USB-typeC

ワイヤレス充電には対応していないということが残念なポイントですが、それだけ音質にもこだわっているというのがうかがえます。

充電ケース

ストラップ

駅のホームの線路にイヤホンを落とすのが多いとのニュースを見ましたが、そういった配慮もあるかと思います。

落とす危険はあるので装着感を含めていちいちイヤホンを外さなくてもいい外音取り込みの機能なども大事になってきます。

ストラップ装着したところ

イヤーピース

標準イヤーピースL M S各サイズ

ウレタンフォームタイプのイヤーピース L M S各サイズ

専用ポーチ

充電ケースと付属品が入る大きさになっています。

充電ケースが高級感あるので傷をつけないための保護にもなるので重宝しております!

イヤホン本体

重量

重さや大きさでストレスを感じるところはありませんが、重さを計ってみました。

イヤホン片方

5.9g

イヤホンペア

11.7g

充電ケース単体

726.5g

イヤホン込み充電ケース

843g
さいともくん

数字を見てわかるかと思いますが、軽すぎて逆になくしたりしてしまいそうなので気をつけないと!

AVIOT TE-BD21j-ltd仕様 前作とピヤホン5と比較

仕様TE-BD21j-ltdTE-BD21j-ltdpnkTE-BD21j-pnk(ピヤホン)
ドライバー:φ8mmダイナミック型及び
 バランスドアマチュア型ドライバー によるハイブリッドタイプ
:φ8mmダイナミック型及び
 バランスドアマチュア型ドライバー によるハイブリッドタイプ
φ8mmダイナミック型及び
バランスドアマチュア型ドライバー によるハイブリッドタイプ
マイク:Qualcomm® cVc™ノイズキャンセリング(通話時のみ):Qualcomm® cVc™ノイズキャンセリング(通話時のみ)Qualcomm® cVc™ノイズキャンセリング(通話時のみ)
防水規格IPX4IPX4IPX4
バッテリー容量イヤホン片耳50mAh/ケース500mAhイヤホン片耳50mAh/ケース500mAhイヤホン片耳50mAh/ケース500mAh
通話時間最大6時間最大6時間最大6時間
再生時間最大連続9.5時間最大連続9.5時間最大連続9.5時間
イヤホン本体充電時間1.5時間1.5時間1.5時間
最大入力DC5V/500mA(Max)DC5V/500mA(Max)DC5V/500mA(Max)
充電ポートUSB Type CUSB Type CUSB Type C
対応コーデックAAC,SBC,Qualcomm® aptX™,
        Qualcomm®aptX™ Adaptive(96kHz/24bit)
AAC,SBC,Qualcomm® aptX™,
        Qualcomm®aptX™ Adaptive(96kHz/24bit)
AAC,SBC,Qualcomm® aptX™,
        Qualcomm®aptX™ Adaptive
対応プロファイルA2DP,HFP,HSP,AVRCPA2DP,HFP,HSP,AVRCPA2DP,HFP,HSP,AVRCP
Bluetooth Version5.25.25.2
Bluetooth マルチペアリング4デバイス4デバイス4デバイス
Bluetooth マルチポイント2デバイス2デバイス×
日本音声ガイダンス
ハイレゾ×
ピエール中野氏監修××
ボイスチェンジャー××
AVIOT 公式より参照

この仕様をざっと見ると構成として音質面にアップグレードしているところがハイレゾ仕様にも対応している面も含めて見受けられます。

仕様から音質面をみるとワイヤレスイヤホンらしからぬ細かい解像度を感じることができました。

ひとつまえの機種 TE-BD21j

ピール中野氏監修のTE-BD21j-ltdpnk

ハイレゾ対応ということになっておりますが、まだまだaptXadaptiveに対応した機種は少ないようです。

Qualcomm社の次世代プラットフォーム「Snapdragon SoundTM」に対応した機種ではやく試してみたい!

それでも解像度は高いのでこの音質に大変満足しております!

さいともくん

ハイレゾとかあんまりわかりませんけどね

AVIOT TE-BD21j-ltdのペアリングとマルチポイントとアプリ

さいともくん

ペアリングは簡単!

接続機器のBluetoothをONする
充電ケースをイヤホンから取り出す
イヤホンどちらかが白とオレンジに点灯する
接続機器のBluetooth設定画面に表記されるのでペアリングを選択する
『接続しました』とアナウンスされて表記が接続済となる。

さいともくん

またマルチポイントにも対応してるところがうれしい!

スマホとPCでそれぞれ使えるのはポイント高いですね!

4つのデバイスまで登録でそのうち2つ使用可能となっています。

専用アプリ「AVIOT SOUND XXX」

AVIOT SOUND XXX

AVIOT SOUND XXX

Preseed Japan Corporation無料posted withアプリーチ

アプリについて

アプリのトップページはまず簡単に音量調節や電池残量が見れます。

右上⚙歯車マークを押すとバージョン情報、AVIOTの公式ページなどへ飛べます。

上記のほかに
2秒以上長押しでアンビエント(外音取り込み)のオンオフ
再生/停止タップ左右
受話 左右1タップ
通話終了 左右1タップ

好みのこだわりのサウンドにカスタムでき、なおかつ好みのイコライザーも選択できます。

Bluetooth接続解除履歴を見れますのでどこに忘れたかを見ることができます。

外音取り込みモード時の音量調整ができます。

個人的に外音取り込み機能はあまり強くないかな?という印象でした。
なので私の場合は音量を50まで下げての使用になります。

AVIOT TE-BD21j-ltdの音質とイヤーピース

※音質に関しては個人それぞれの見解もあるかと思います。

さいともくん

参考程度に聞き流してくれたら幸いです。

また音質自体に違和感はなかったのですが、音量と装着感に少々緩さを感じたのでLサイズで使ってみたのですが、これだと今度は大きくて窮屈さを感じたので密着感に定評のあるアユートのイヤーピースで試聴してみました。

これがめっちゃ自分には合っていてAVIOT TE-BD21j-ltdの音質の素晴らしさにふれられたのでよかったです。

今回試したイヤーピース2つ

このMサイズを購入して使用。

さいともくん

個人的に1番合うフォームタイプのイヤーピースになります。

Symbio Fより柔らかさはないもののデザインを損ねないという観点からもComplyのイヤーピースを使用しています。

iPhoneで聴いてみた

スタジオモニターにインスパイヤされた、
高密度パルプ振動板を採用

2基のバランスドアーマチュアドライバーには、米国・Knowles社製品の中から、 よりワイドレンジな高品位ユニット採用。ダイナミックドライバーには、本格スタ ジオモニターにも採用されるパルプコーン振動板にヒントを得た、PETチタンコ ンポジット素材に、高密度パルプを貼り合わせたデュアルレイヤー振動板を採用 しました。これにより内部損失が高く固有音が減少した一方、振動版の軽量化と マグネットの強化により応答スピードを向上させることに成功しました。

AVIOT 公式より

コーデックがAAC対応ということでハイレゾ音質とはいきませんが、充分楽しめる音質になります。

低音がしっかりなっていますが中音高音の解像度がしっかりしているので、ドンシャリという印象というよりは長時間聴いていても疲れない音質でした。

音に荒さを感じることがなく耳にスムーズに伝わってくるサウンドです。
上記のAVIOT公式の言葉がそのままサウンドになってる印象です。

マジでうまく表現してる!と思いました!

デザインの印象の良さというのもあるかと思いますが、上品なサウンドを感じずにはいられません。

さいともくん

大人の落ち着きを感じますね。

Androidスマホで聴いてみた

aptX Adaptive対応ということですが、わたしのスマホ環境はXiaomi Redmi Note 10 ProなのでQualcomm Snapdragon 732Gということでまだハイレゾ級対応にはなっていないということですが、十分な音質で楽しめました。

【ハイレゾ(96kHz/24bit)音質がもたらす、全く新しい音楽ストリーミング体験】Snapdragon SoundTMに対応するAndroid端末との組み合わせで、デジタル音源特有の硬さや不自然さを排した、ハイレゾクオリティ(96kHz / 24bit)での音楽再生が可能※。CDの約3倍という圧倒的情報量と、人間の可聴帯域を超えるワイドレンジ化で、アーティストの息づかいやライブの空気感も感じられるほど、きめ細やか且つ忠実に音源を再生します。※Snapdragon SoundTMの要件を満たす端末が必要です。

AVIOT 公式より

ということで音質面でもiPhoneと変わりない感想になります。

なので結論としてiPhoneでもAndroidスマホでも大差なく楽しめるという印象です。

どちらか選べと言われればaptX Adaptive対応ということでAndroidスマホにやや分があるかと思います。

AVIOT TE-BD21j-ltdのマイク音質

上記の音質面でも重要なことですが、「Snapdragon SoundTM」採用ということでハイレゾ級音質を楽しめるということですが、マイク通話音質にも関係しているようです。

【次世代プラットフォーム 「Snapdragon SoundTM」採用】Qualcomm社の次世代プラットフォーム「Snapdragon SoundTM」に対応。 ワイヤレスオーディオ最高レベルの音質を実現するだけでなく、通話音質も劇的に改善。またシステム全体で遅延を減らすことで、ゲームなどへの対応力も高めました。※1 ①96kHz / 24bit Qualcomm aptXTM Adaptive audioに対応し 圧倒的な高解像度と、可聴帯域を超えるワイドレンジ化を実現。(従来の2倍のサンプリングレート) ②32kHz aptX Voiceに対応。クリアな音声品質の通話体験を提供。(従来の2倍のサンプリングレート) ③システム全体で89m(s 0.089秒)の超低遅延で、ゲームユーザーに没入感と軽快な操 作体験を提供(他社主要製品比で最大45%※2少ない遅延レベル) ※1.Snapdragon SoundTMの要件を満たす端末が必要です。※2.2021年10月時点

AVIOT 公式ページより

この仕様(Snapdragon SoundTMはおそらくわたしのスマホ環境(Xiaomi Redmi Note 10 Pro )では乗っかれておりませんが、参考になればと思いiPhoneのボイスレコーダーのほうにマイク通話を録音してみました。

AVIOT TE-BD21j-ltdの総括とおすすめしたい方

残念なところ

音質面

ボーカルの解像度は感じたけど、個人的にはもう一声のサウンド面での迫力がほしかった。

気持ちうるさい感じが欲しかった。

しかしながらイヤーピースを変えてみたら迫力が増したので解決できました。

さいともくん

個人的にイヤーピースのサイズが小さかったのかな?

なので他機種よりはイヤーピースが若干小さい感じです。

さいともくん

こちらのイヤーピースだと見た目のクールさがなくなってしまいますね。

個人的にはコンフォート系ウレタンイヤーピースはこれが1番しっくりきます。

こちらの方が硬さがありややしっくりはこないのですが遮音性も音質も見た目に関してもよかったのでこちらを使用しています。

さいともくん

付属のLのイヤーピースの方は逆に大きすぎました。

ワイヤレス充電ができればよかった!

USB繋げてる写真

せっかくの素晴らしすぎる充電ケースなのでUSB-typeCによる有線充電だけではなくてワイヤレスにも対応して欲しかった。

さいともくん

価格を考えたら仕方ないのかもですが・・・

充電ケースからイヤホンを取り外しにくい

そんなに太い指をしているわけではないのですが、磁石の強さもあり、うまく取り出せなくてよく四苦八苦します!

さいともくん

取り外しの良き方法あれば教えてください!

いいところとおすすめしたい方

音質もデザインも上質さを感じずにはいられない作りになっており所持してる優越感は他を圧倒する勢いです。

大人の大人による大人のためのイヤホン!

それがAVIOT TE-BD21j-ltd(ピアホン3)でありTE-BD21j-ltdpnk(ピアホン5)になります。

じゃあ大人って何ですか?

さいともくん

それはフィーリングで紳士淑女を想像してください!

これでEnglishman in New York聴きながら街をたそがれたいですね。

ねんねちゃん

AVIOT TE-BD21j-ltdとめっちゃあいますやん♪

デザインや音質によるところだけでなくアプリの機能面の充実とシンプルさ、外音取り込みの質の良さ、操作性の簡潔さとノイズキャンセリング機能がないのもマイナス要素にならない充実さを感じました。さらにはマルチポイントにも対応しており、スマホでの使用だけでなくPCにも繋げてリモートワークにも活躍してくれます。

さいともくん

音質もデザインもいい!

もちろん他の製品もデザインよし!音質よし!機能面よし!といった製品がたくさんありますが、AVIOT TE-BD21j-ltdは独自の方向性を持った評価すべきワイヤレスイヤホンだと感じました。

日本のメーカーなのも心強いです!

さいともくん

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

東京都下在住のフリーランス。アコギ初心者練習に余念のない元ベーシストバンドマン。ピアノの音すき。つまりは音楽が好きです。
本業の仕事では、ほぼ毎日運転しつつも十年以上無事故無違反のガチゴールド安全運転者。
禁煙歴2年になります。
当ブログ『さいとも音ガジェブログ』では気軽で楽しくなるイヤホンやヘッドホンなどを中心としたガジェットを紹介しています。

ahamo

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次