MENU
2022/5/28-5/30【タイムセール祭り】
\ 最大10%ポイントアップセール! / 詳細を見る

AVIOT TE-D01t レビュー!完全ワイヤレスイヤホンのエントリークラスはこれ1択!

  • URLをコピーしました!

聴いていくうちにとりこになるサウンド!
はじめての完全ワイヤレスイヤホンとしてもおすすめ!
通勤通学にもガチで使える!

さいともくん

こんにちわ!さいともと申します。

突然ですが

このAVIOT TE-D01tのいいところ!

ノイズキャンセリング

しっかり効いてるぞ!エアコンの音が気にならない!

外音取り込み

そんなはずはないはずだがフラッグシップモデルTE-BD21j-ltdより効いてる印象

専用アプリ

イコライザーやボタンの設定など申し分ないアプリ

ケース込みで最大60時間の長時間バッテリー

通勤通学往復3時間として週5日、15時間使用しても1週間充電しないで使える

単体でも18時間も使用可能なバッテリー

イヤホン左だけ使用とかも有為にできる!

ワイヤレス充電対応

こちらもフラッグシップモデルにはできない仕様

イヤホン探索機能あり

最終履歴を示してくれる!

カラーも個性的で豊富

AVIOT全体としていろんな種類とカラーを楽しめる。

AVIOT公式ページを見てみる

ちょっと上の上位機種も選択肢としてある!

日本のメーカーで安心!

いわずもがな!このコスパで最高の音質!

さいともくん

しかしながら残念な点もあります!

デメリット

ケースからイヤホンを取り外しにくい!

Apt-X非対応

マイクが少々こもる

こんな方におすすめしたい!

apt-X非対応ということでどちらかというとiPhoneユーザーにおすすめ!

iPhoneではじめて完全ワイヤレスイヤホンを使って音楽を聴きたい方!

充電をついつい忘れがちでめんどい方!

完全ワイヤレスイヤホンをはじめて使ってみたい!という方にまっじでおすすめです!

くわし子さん

通勤通学で単純計算で1週間もちますね!

さいともくん

そしてAVIOTのサウンドを聴いてみた感想は!

大人なサウンド♪

AVIOTは今をときめくミュージシャンを数々起用して若い層への宣伝を展開しています。

くわしくは公式ホームページへ!

なのでもっと元気なサウンド いわゆるドンシャリで低音の効いた感じをイメージしており、最初は物足りなさを勝手に感じてしまいました。 しかし聴いていくうちに

さいともくん

これバランスいいなぁ

とAVIOTのサウンドがつかめてきました。

と考えるとコスパ最強なのでは!

apt-xがないということもありますが、どちらかというとAndroidスマホよりiPhoneユーザーの方に強くおすすめしたいイヤホンになります。

さいともくん

Androidユーザーにはもう一つ上のグレードが良いかも♪

ということでイヤホン界でも有数の有名ブランドAVIOTの最強エントリークラスの完全ワイヤレスイヤホンTE-D01tをくわしくみていきます!

目次

AVIOT TE-D01tの外観 開封 重さなど

有名オーディオ評論家と全国の主要販売店が選ぶ、日本最大級のオーディオビジュアルワード「VGPグランプリ」。そのような最高権威を誇るアワードにおいて、全てのワイヤレス製品最高の商品として「ワイヤレス大賞」、そして「金賞」のW受賞いたしました。

AVIOT 公式より

右上のワイヤレス大賞 金賞のマークがすごい!

開封

開封するとエントリーモデルながら高級感のある光沢さがうかがえます。

付属品

付属品には説明書(ユーザーマニュアル)保証登録カード USB-TypeCケーブル
L Sのイヤーピースとなります。

説明書類

AVIOTに限らずですが日本のメーカーの親切さは説明書類をみることによって安心を得られます。

イヤーピース

当『さいともブログ』ではイヤホンを多くレビューさせていただいておりますが、半分以上はイヤーピースが合わないことがあるのですが、今回のAVIOT TE-D01tは最高の装着感を得られました。

USB Type C ケーブル1本

ケーブルが付属していますが、ワイヤレス充電にも対応しています。

充電ケース

iPhone13PROとの大きさ比較

イヤホン本体

カラーがブラックということもありますが指紋が目立ってしまいます。

左右のLR表記やマイクの穴などが見受けられます。

イヤーピースを外した先端部

充電ケースとイヤホン本体の重さ

65.75g

充電ケースのみの重さ

50g

イヤホン片方の重さ

7.9g

イヤホン左右の重さ

15.73g

装着的にはまったく重さは感じることはありません。

イヤホン本体の大きさはややあるようには見えますが、重みなく使用できます。

AVIOT TE-D01tの仕様

TE-D01tの比較対象として上位機種のTE-BD11tと冒頭で挙げさせていただいたTE-D01m2の3機種を比較しながら仕様をみていきます。

仕様TE-D01tTE-BD11tTE-D01m2
ドライバー10mmダイナミックドライバーφ10mmダイナミック型及び
 バランスドアマチュア型ドライバー によるハイブリッドタイプ
φ10mmダイナミックドライバー
マイク高感度MEMSマイク×3(片側)高感度MEMSマイク×3(片側)Qualcomm® cVc™ノイズキャンセリング(通話時のみ)
防水性能IPX4相当IPX4相当IPX4相当
バッテリー容量イヤホン片耳85mAh/ケース600mAhイヤホン片耳85mAh/ケース600mAhイヤホン片耳50mAh/ケース550mAh
使用温度範囲※表記見当たらず0~40℃0~40℃
充電温度範囲※表記見当たらず5~30℃5~30℃
通話時間最大9時間最大9時間最大6時間
再生時間最大18時間最大18時間最大10時間
イヤホン本体充電時間1〜2時間1.5時間1.5時間
最大入力DC5V/450mADC5V/450mADC5V 500mA
充電ポートUSB Type CUSB Type CUSB Type C
対応コーデックAAC,SBCAAC,SBCAAC,SBC,Qualcomm® aptX™,
Qualcomm®aptX™ Adaptive
対応プロファイルA2DP,HFP,HSP,AVRCPA2DP,HFP,HSP,AVRCPA2DP,HFP,HSP,AVRCP
Bluetooth version5.25.25.2
Bluetoothマルチペアリング 8デバイス8デバイス4デバイス
Bluetoothマルチポイント×2デバイス2デバイス
日本語音声ガイダンス
ノイキャン/外音取り込み◎(ハイブリッドアクティブノイズキャンセリング)◎(ハイブリッドアクティブノイズキャンセリング)◎(ハイブリッドアクティブノイズキャンセリング)
ハイレゾ対応××(96khz/24bit)
※条件あり
AVIOT公式ページより参照

あまり差は感じられませんがハイレゾや通話品質とマルチポイント機能はあるかないかというところ

さいともくん

あとはデザインの好みになるかと思います。

ノイズキャンセリングに関して

1万円前後のノイズキャンセリングに関して最強レベルのノイキャンになります。

近くのエアコンの音が消えてデスクワークなどの作業に集中できます。

またあまり効きすぎると逆にボーッとしてしまうこともあるのですが、ちょうどいいバランスのノイズキャンセリングで今まで聴いてきたなかで1番お気に入りです。

さいともくん

これは評価に値するレベルの機能です!

個人的にはソニーのWF-1000XM4に匹敵するレベルを感じずにはいられません。

外音取り込みに関して

マイクから音を拾ってる感はありますが、しっかり外音を感じられ装着しながらの会話もストレスなくかなくできるのではないでしょうか。

またアプリにて外音取り込み時の音量も調整可能なので、ノイキャンとの切り替えもイヤホンの操作でできるのでわざわざイヤホンを外さないで人との会話も可能なのでこれまた機能としてしっかり使えるのでかなりお気に入りになっています。

上位機種のAVIOT TE-BD21j-ltdよりも効いてる印象です。

マイク音質に関して

YouTubeや他のレビューをみると評価の低いとされるマイク音質ですが、iPhoneのボイスレコーダーに録音してみたので参考までにきいてください。

印象としては音声に雑音が入っている感じで、あまり通話品質に解像度はないのかな?と思いました。

通話を多用する方にはおおきなマイナスポイントかもしれません。

tyuu

AVIOT TE-D01tのアプリ『SOUND ME』についてとペアリング方法

AVIOT TE-D01tユーザーマニュアルより

アプリ『SOUND ME』

AVIOT SOUND ME

AVIOT SOUND ME

Preseed Japan Corporation無料posted withアプリーチ

アプリを開くと機種選択画面になります

機種をタップすると電池残量 ANC外音取り込みの選択 になります。

下の矢印(赤丸)を押すと操作ボタンの設定 イコライザー設定 ゲーミングモード設定 位置情報履歴 と便利な機能を見て設定できます。

またホーム画面の⚙歯車(右上赤丸)ボタンをタップするとアップデートや公式ページやSNSへ飛べます。

サウンドモード設定ではノイキャンや外音取り込みの調整も自分好みで行えます。

操作ボタン設定も可能ですが上画像以外の操作として

R側のボタンを1.5秒タップしてANC(ノイズキャンセリングモード)のオンオフ
L側のボタンを1.5秒タップして外音取り込みのオンオフを切り替えられます。

また通話時は左右のボタンどちらでも1タップで受話と通話切断が可能です。

操作やノイキャンなどの強弱の設定やアプデの確認、イヤホンをどこかにやってしまった時の捜索、もちろんイコライザー設定も細かくできます。

ペアリング方法

さいともくん

ペアリング方法はかんたん♪

まずスマホのBluetooth設定をオンにしておきます。

充電ケースを開けてイヤホン左右のLEDがオレンジと白に点滅。

するとBluetooth設定画面下にAVIOT TE-D01tの表記が出るのでタップする

下画像のように【接続済み】となれば完了

さいともくん

また購入した際に付属のユーザーマニュアルにくわしく記載されております。

AVIOT TE-D01t音質 iPhoneとAndroidスマホで試聴

iPhoneで聴いてみた

最初はもっと元気なサウンドなのかという先入観もあり、少々物足りなさも感じはしたのですが、聴いていくうちにだんだんとしっくりくるサウンドとなりフラッグシップモデルのAVIOT TE-BD21j-ltdと比べてしまうとやや解像度の面で劣る印象ですが、高音中音低音とバランスのとれた納得のサウンドで10mmのダイナミックドライバー1基とありますが、これがまさによき音を出してくれてるのかという印象です。

また冒頭でも申し上げましたが、iPhoneユーザーに特におすすめしたい機種になります!

もちろんiPhoneで完全ワイヤレスイヤホンを使用するとなるとAir Pods ProAir Pods 3となりますし、値段を気にしなければ一択といってもいいほどiPhoneとの連携力に優れています。

しかしながら値段や機能面を考慮するとなかなか購入に踏み切れなかったりもします。

また個人的にではありますがイヤホンレビューするとき毎回のように装着感に違和感があるのですが、AVIOT TE-D01tはまったく他のイヤーピースとか考慮することもなくスムーズに装着できて大変満足しております。

さいともくん

装着がしっくりくると音質面でもしっかり聴こえるので絶対に妥協したくありません!

Androidスマホで聴いてみた

iPhoneと変わらないコーデックAACで聴いたので音質の差はないかと思います。iPhoneユーザーに特におすすめとしていますが、もちろんAndroidユーザーにも良いのですが、
1点だけ述べさせていただくとAndroidユーザーの場合、LDACやApt-X adaptiveなどのハイレゾ級コーデックに対応した完全ワイヤレスイヤホンが多くあるのでAVIOTの他機種を含めておすすめしたいところもあります。

特にAndroidユーザーにおすすめしたいのはAVIOTのフラッグシップモデルになるAVIOT TE-BD21j-ltdをおすすめします!

AVIOT TE-BD21j-ltdのおすすめのポイント

フラッグシップモデルでありながらコスパに優れている
条件次第でハイレゾ級音質を楽しめる
充電ケースを含めてデザインが上品で高級感を感じさせてくれる。

他にもAVIOTのイヤホンは著名なミュージシャンを起用していろんな機種を発表しています!

さいともくん

詳しくはAVIOT公式販売ページにて!

AVIOT TE-D01tの総括 こんな方におすすめ!

完全ワイヤレスイヤホンに関しまして、何記事か書かせていただいておりますが、今回初めてAVIOTのイヤホンについての記事になりました。

ずっと試したい!試してみたい!と思いながらなかなか予算的にもタイミング的にも購入に踏み切れてなかったのですが、お正月のAmazonセールで半額近い値段で売られていたので迷いなく購入させていただきました。

さいともくん

なんと通常9,801円が5,465円!

くわし子さん

やっぱりAmazonセールはあなどれない!

この値段で購入しましたが、なんと完全ワイヤレスイヤホンの機能がほとんど入ってこの値段というのが驚きです!

さいともくん

セール時の値段がどれだけ破壊的かわかります!

運よく手に入れたAVIOT TE-D01t残念なところよかったところを再度述べてまとめたいと思います!

残念なところ

充電ケースからイヤホンが出しづらい!

さいともくん

充電ケースからイヤホンを出す方法を教えてほしいです!

そのくらいどうやってスムーズに出せるのかわからなくてこまっています。

くわし子さん

このすきまからうまくだすのかな?

真ん中のLRと表記してるところから親指で隙間のある方へななめに押し込むといいのかな?

さいともくん

これが正解なのかわかりません!

apt-X非対応

といってもさしたる残念ポイントとも思えませんが、AACがあれば十分です!

マイクの音質に疑問を感じる

聴いていただければ分かるかと思いますが、ややさみしい音質に感じました。もうちょっと聴き心地良くてもいいかなと思いました。

しかしながらこのコスパと機能があってこの程度の残念ポイントは驚きを感じます。

よかったところとAVIOT TE-D01tがどんな方におすすめか?

大きさの割に軽くて装着感も最高!

ノイズキャンセリングよし!

外音取り込みよし!

専用アプリよし!

ケース込みで最大60時間の長時間バッテリーがよし!

単体でも18時間も使用可能なバッテリーもよし!

ワイヤレス充電対応でよし!

イヤホン探索機能あり!

カラーも個性的で豊富でよし!

ちょっと上の上位機種も選択肢としてある!

日本のメーカーで安心!

なによりこのコスパで最高の音質!

さいともくん

最後にAVIOT TE-D01tはこんな方におすすめ!

iPhoneユーザーで完全ワイヤレスイヤホンを初めて使ってみたい方!

通勤通学のお供にコスパに優れた完全ワイヤレスイヤホンを探してる方

通勤通学(3(時間)×5(日にち)=15時間)で面倒な充電も1週間に一回で済む!

さいともくん

なによりこのコスパと音質と機能が最高で最強!

さいともくん

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

東京都下在住のフリーランス。アコギ初心者練習に余念のない元ベーシストバンドマン。ピアノの音すき。つまりは音楽が好きです。
本業の仕事では、ほぼ毎日運転しつつも十年以上無事故無違反のガチゴールド安全運転者。
禁煙歴2年になります。
当ブログ『さいとも音ガジェブログ』では気軽で楽しくなるイヤホンやヘッドホンなどを中心としたガジェットを紹介しています。

ahamo

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次