\ 最大15%ポイントアップ! / 詳細を見る

Amazonセールで注目のおすすめイヤホン・ヘッドホン5選!

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!
さいともくん

こんにちわ!さいともと申します。

今回はAmazonセールになりやすいおすすめの5機種を紹介します!

セールの時安くなってるけど、実際機種としてどうなのか?と検討の疑問に答えられればと思い記事にしました。

ねんねちゃん

今回取り上げるイヤホン・ヘッドホンは以下の機種になります。

有線開放型ヘッドホン

ゼンハイザー HD 599 SE

毎回のようにセール時にはとんでもない割引になっており注目度も高く、当ブログ記事もそのときに多く読まれます。

有線イヤホン イヤモニ

SE215SPE-A

毎回ではありませんが、時たまセール時に安くなっていることがあります。ゼンハイザーのIE100PROと同様のイヤモニで人気、10年以上売れ続けて世界を代表するエントリークラスのイヤモニになります。

完全ワイヤレスイヤホン

Jabra Elite 7 Pro

2021年に発売されておりJabraのフラッグシップモデルとなっており、今でも多くの方に使用されている素晴らしいワイヤレスイヤホンになります。

ねんねちゃん

次の2点はセールにそろそろなってほしい希望になります!

ワイヤレスヘッドホン

ゼンハイザーMOMENTUM 4 Wireless
ソニーWH-1000XM5

なぜセール対象になって欲しいのかというと、両メーカーのフラッグシップモデルということもあり、そもそもの値段が高いということ。

また発売から両機種とも1年以上経つということから、希望も含めてセール時に安くなってほしいので見逃さないようぜひチェックして欲しい機種になります。

ねんねちゃん

目次から知りたい機種のくわしいところをみてくださいね!

目次

ゼンハイザー HD 599 SE

ゼンハイザー HD 599 SE
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 音がフラットで刺さる感じがなく側圧がやさしいので疲れない
  • 長時間使用できる
  • 有線なので遅延がなく音楽鑑賞だけでなく動画編集やゲームなど多様性ある使い方ができる
  • リケーブルが簡単
デメリット
  • 開放型ということもあり音漏れが必至
  • 折り畳みができない

ゼンハイザー HD 599 SE機能面や音質の評価

機能面など10段階評価ゼンハイザー HD 599 SE
デザイン8
装着感9
側圧10
気軽さ10
使用感9
音質面10段階評価ゼンハイザー HD 599 SE
低音8
中音8
高音8
バランス9
解像度9
ボーカル8
演奏(楽器)8
音場9
総合9

側圧がきつくなくパッドの柔らかさもあり、それが音質にも重なるのか全体としてバランスのいい音質で物足りなさを感じることがない。

気軽に使用できるので音楽鑑賞のみならず、ゲームや動画編集などオールラウンドに使用できるヘッドホン

有線ヘッドホンでひとつしっかりしたものがほしいというかたにおすすめのヘッドホン。

ゼンハイザー HD 599 SE仕様

仕様スペックゼンハイザー HD 599 SE
型式ダイナミック・開放型
インピーダンス50 Ω
周波数帯域12- 38,500 Hz
感度106dBSPL (1kHz/1Vrms)
全高調波歪(THD + N)<0.1% (1kHz, 100dBSPL)
本体重量250 g

ゼンハイザー HD 599 SE概要

高域から低域までキレのあるクリアなサウンドで圧倒的な高音質を実感
最適なサウンドパフォーマンスを表現するための独自に開発されたトランスデューサー技術を搭載
人間工学に基づいたエルゴノミックデザインを取り入れた独自技術『E.A.R.』(Eargonomic Acoustic Refinement)を採用

さいともくん

個人的なことではありますが、私の場合耳たぶが少々大きいためヘッドホンは側圧で疲れやすいのですが、このHD 599 SEはまったく疲れることなく長時間使用することができます。

おすすめな方

モニター的ヘッドホンをお探しの方

ゼンハイザーファンの方

PC関連の作業で動画編集やゲーム(アンプ必須)にと多様に使用されたい方

ひとつこれぞ!と思えるヘッドホンをお探しの方

お持ちのヘッドホンに不満な方

SHURE SE215SPE-A

SHURE SE215SPE-A
総合評価
( 4 )
メリット
  • イヤモニと呼ばれるように全体的にフラットぎみながらも低音をしっかり聴かせてくれる音質
  • デザインがかっこいい
  • 10年以上も売れ続けて支持を得ている信頼の有線イヤホン
  • 名だたるプロゲーマーやストリーマーにも使われており、ゲーミングイヤホンとしての評価も高い
デメリット
  • イヤーピースが合わない方もいる
  • たまに賛否両論の声も聞く

SHURE SE215SPE-A機能面などと音質評価

機能面使用面10段階評価SHURE SE215SPE-A
デザイン10
装着感7
気軽さ8
使用感9
リケーブルしやすさ9
音質面10段階評価SHURE SE215SPE-A
低音9
中音8
高音8
バランス8
解像度8
ボーカル8
演奏(楽器)8
音場8
定位感8
総合8

全体的にバランスの取れたイヤモニタイプのイヤホン

イヤモニタイプながら低音重視なところがある。

ゲーミングイヤホンとしても使用している方が多い。

賛否両論の声もあり個人的にはイヤーピースが合わなく音質理解に苦労しました。

SHURE SE215SPE-Aの仕様

仕様 SE215 Special Edition
ケーブルの特徴脱着式
インピーダンス (Ω)17 Ω
再生周波数帯域21Hz~17.5kHz
カラートランセントブルー
形状カナル型イヤホン
防水性なし
ブランド名SHURE
メーカーShure Incorporated
製品型番SE215SPE-A
発売日2012/11/28
付属品キャリングケース、ソフト・フォーム・イヤパッド (S、M、L)、ソフト・フレックス・イヤパッド (S、M、L)クリーニングツール
接続方式有線
コントロールタイプリモコンなし
ヘッドホン型式密閉型
商品の詳細情報

SHURE SE215SPE-A概要

高遮音性テクノロジーで周囲の騒音を最大37dB遮断
人間工学に基づいた薄型デザインは、ミュージシャンがステージ上のインイヤーモニターとして使用するのと同じ 薄型デザインを採用
プロ向けに開発されたコンポーネントで構成されたイヤホンは、豊かな低音域と透明感のある高音域を組み合わせた高精度サウンドが魅力

おすすめな方

イヤモニよりのフラットめの音質が好みの方

ゲームに音楽にオールラウンドに使える有線イヤホンをお探しの方

耳掛け式、いわゆるSHURE掛けの装着が慣れている方

リケーブルでの使用も楽しめる方

Jabra Elite 7 Pro

Jabra Elite 7 Pro
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 透き通るような聴きやすい音質
  • 耳にしっかりフィットする装着感
  • マルチポイントに対応!(発売当初はなかった機能)
  • スタイリッシュなデザインと大きさ
デメリット
  • 装着感が良すぎるゆえに動いている時に耳に圧迫感がある
  • 発売当初のマルチポイント機能がなかったなどの低評価があった

Jabra Elite 7 Proの個人的評価

機能面など10段階評価Jabra Elite 7 Pro
デザイン9
ノイキャン9
外音取り込み8
装着感9
使用感9
気軽さ9
音質面10段階評価Jabra Elite 7 Pro
低音
中音8
高音8
バランス9
解像度9
ボーカル8
演奏(楽器)8
音場8
総合9

こちらもバランスの良さに優れた完全ワイヤレスイヤホン

軽量でコンパクトで装着感もしっかりしているので文句のつけようはない。

しかしながら個人的にはノイキャンしながら歩いたりするとその振動が耳にもきてしまうので同じ方もいるかもしれません。

発売から2年経とうとしていますが、長く使える素晴らしいイヤホンだと思うのでAmazonタイムセールではぜひチェックしていただきたいイヤホンになります。

Jabra Elite 7 Pro仕様

仕様Jabra Elite 7 pro
素材金めっき金属, マイカ塗料, PC & PC/ABS プラスチック, Si ラバー
IP 等級IP57
アクティブノイズキャンセリング (ANC)
ヒアスルー(外音取込機能)
遮音設計
インイヤー式圧力開放
スピーカーサイズ6mm | 0.2in
スピーカー帯域幅 (音楽モード)20Hz – 20000Hz
スピーカー帯域幅 (通話モード)80Hz – 8000Hz
オーディオコーデックAAC, SBC
マイクのタイプMEMS
マイク数6
対応するソフトウェアとアプリJabra Sound+
音声アシスタント対応Amazon Alexa, Siri®, Googleアシスタント™(Androidのみ)
片耳モード
音楽再生時間最大8 時間(ANC オフ時)
イヤホンと充電ケース併用時最大30 時間
ワイヤレス充電
充電時間最大150 分
急速充電5分で最長1時間
Bluetooth バージョン5.2
Bluetooth プロファイルA2DP v1.3, AVRCP v1.6, HFP v1.7, HSP v1.2, SPP v1.2
ペアリングデバイス最大 8 台
Bluetooth マルチポイント
動作温度-5°C ~45°C | 23°F ~113°F
公式 技術仕様書より参照

Jabra Elite 7 Pro概要

6㎜のカスタマースピーカーを緻密に配置し、豊かで迫力のあるサウンドを実現
調節可能なアクティブノイズキャンセリングとヒアスルー機能。それぞれ5段階のレベル調整が可能
62,000件の耳の形状データから、イヤホンの形状を再設計し、イヤージェルもより装着感が増すようにデザイン
ワイヤレス充電対応、片耳モード、ANC使用時で最長30時間のロングバッテリー、IP57 準拠の防塵防水性能など、さらに使いやすくなる多彩な機能も充実

おすすめな方

フラッグシップ級でありながらお安くワイヤレスイヤホンをお求めの方

とにかく音のいい完全ワイヤレスイヤホンをお探しの方

発売から時間は経っているもののノイキャン・外音取り込みなどレベルの高いイヤホンをお安く手に入れたい方

ゼンハイザーMOMENTUM 4 Wireless

ゼンハイザーMOMENTUM 4 Wireless
総合評価
( 5 )
メリット
  • 側圧がちょうどよく装着感がいい
  • メカメカしくなくシンプルでスマートなデザインがかっこいい
  • 中音の解像度が高くて音の広がりに立体感を感じる
  • 小音量でも1音1音を楽しめる音質
  • 最大60時間の使用は魅力的!
  • apt-X AdaptiveのコーデックがあるもののiPhoneのAACコーデックで十分楽しめる音質
  • 耳にかけるだけで電源オン、離すだけでオフの機能性が素晴らしい
デメリット
  • 音質というより音量はSONYWH-1000XM5のほうが大きい(イコライザーで解消)

ゼンハイザーMOMENTUM 4 Wirelessの個人的評価

機能面など10段階評価ゼンハイザーMOMENTUM 4 Wireless
デザイン9
機能性8
操作性8
マイク音質9
アプリ8
イコライザー8
使い心地9
気軽さ9
音質面10段階評価ゼンハイザーMOMENTUM 4 Wireless
低音9
中音10
高音9
バランス10
解像度9
ボーカル9
演奏(楽器)9
音場9
総合10

中音の迫力がすごいながら解像度のおかげかバランスのよさで聴き疲れがない音質。側圧もキツくなく60時間使用可能とまでは使えないながらも長時間でも使える

このヘッドホンひとつあれば有線接続も可能なので、あらゆる使い方ができなおかつ納得の満足感を得られます。

ねんねちゃん

ただしお値段が高いですね

さいともくん

なのでセール時にしっかりチェックしておくといいでしょう!

ゼンハイザーMOMENTUM 4 Wireless仕様

仕様・スペックMOMENTUM 4Wireless
Bluetooth バージョンBluetooth 5.2 準拠、クラス 1、10 mW (最大)
伝送周波数2,402 MHz to 2,480 MHz; GFSK, π/4 DQPSK / 8 DPSK
コーデックSBC、AAC、aptX™、aptX Adaptive™
周波数特性(スピーカー)6Hz~22kHz
音圧レベル (SPL)106dB SPL (1kHz/0dB FS)
全高調波歪み (THD)スピーカー: <0.3% (1 kHz / 100 dBSPL)
インピーダンススピーカー: アクティブ 470Ω/ パッシブ 60Ω
マイクロホンの原理MEMS
周波数特性 (マイク)50Hz~10kHz
Bluetooth プロファイルA2DP、AVRCP、HFP
バッテリー時間最大 60 時間の音楽再生時間 (テスト条件: iPhone、ANCオン中音量レベル)
充電時間フル充電で 2 時間。
5 分の充電で最大 4 時間の再生時間。
注意: 周囲温度が 30°C を超えると、充電時間が長くなる場合があります
電池のタイプ内蔵リチウムイオン充電池 700mAh
重さ約 293 g

ゼンハイザーMOMENTUM 4 Wireless概要

42mmトランスデューサーは歪みを最小限にし、低音から繊細な高音、細部まで豊かに描き、全ての周波数帯域を忠実に再現
バッフルの角度を調整し、サウンドがユーザーの耳に、よりダイレクトに届き、より自然なサウンドステージを創出
最大60時間再生を誇る圧倒的なバッテリーライフ

おすすめな方

音質に妥協のないワイヤレスヘッドホンがほしい方

ゼンハイザーの良さを知っている方

前作の機種MOMENTUM3Wierlessを使用していて気に入ってる方

デザイン含めて高価ながら気に入った方

Amazon Music UNLIMITEDでハイレゾ級の高音質を楽しめる方

SONY WH-1000XM5

SONY WH-1000XM5
総合評価
( 5 )
メリット
  • ヘッドホンの質感がすばらしい
  • デザインがシンプルすぎてかっこいい
  • 操作がしやすくて覚えやすい
  • 電源入れてからのBluetooth接続が早い
  • 重さに安っぽさがない
  • ノイキャンが十分なほどちょうどいいし効いてる
  • 外音取り込みと手を当てて音を小さくしてくれる機能の使い勝手が実用的万人受けする
  • 高級なのもあるが音の良さに所有感が満たされる
デメリット
  • お値段が高い!
  • コンパクトに折り畳めない
  • 防水防塵規格がない

の個人的評価

機能面など10段階評価SONY WH-1000XM5
デザイン10
機能性9
操作性10
マイク音質10
アプリ8
イコライザー9
使い心地9
気軽さ9
音質面10段階評価SONY WH-1000XM5
低音9
中音9
高音9
バランス9
解像度9
ボーカル9
演奏(楽器)9
音場9
総合9

とにかくデザインがマットでかっこよく操作性と装着感も軽さがあり使いやすい。

音質面では僅差でゼンハイザーMOMENTUM 4 Wirelessにはおとるものの機能面などではSONY WH-1000XM5に分がある印象。

SONY WH-1000XM5仕様

仕様WH-1000XM5
型式密閉, ダイナミック
ドライバーユニット30mm
感度102 dB/mW(有線接続時、POWER ON時)
100 dB/mW(有線接続時、POWER OFF時)
マグネットネオジウム
再生周波数帯域4 Hz – 40,000 Hz(JEITA)
インピーダンス48 Ω(1 kHzにて)(有線接続時、POWER ON時)
16 Ω(1 kHzにて)(有線接続時、POWER OFF時)
コード長約1.2m
コードタイプ片出し(着脱式)
入力プラグ金メッキL型ステレオミニプラグ
質量約 250g
電源DC3.8V : 内蔵充電式リチウムイオン電池
充電時間約3.5時間
充電方法USB充電
電池持続時間(連続音声再生時間)最大30時間(NC ON時)、最大40時間(NC OFF時)
電池持続時間(連続通話時間)最大24時間(NC ON時)、最大32時間(NC OFF時)
音声入力端子ステレオミニジャック
マイクロホン部 型式MEMS
マイクロホン部 指向特性全指向性
通信方式Bluetooth標準規格 Ver.5.2
出力Bluetooth標準規格 Power Class 1
最大通信距離10m
使用周波数帯域2.4GHz帯(2.4000GHz-2.4835GHz)
対応Bluetoothプロファイル A2DP, AVRCP, HFP, HSP
対応コーデックSBC, AAC, LDAC
対応コンテンツ保護SCMS-T
伝送帯域(A2DP)20Hz-20,000Hz(44.1kHz sampling) 20Hz-40,000Hz(LDAC 96kHz sampling 990kbps)
SONY 公式より

SONY WH-1000XM5概要

ソニー史上最高のノイズキャンセリング搭載
ドライバーユニット進化 新開発ドライバーユニットにより低音域~高音域まで豊かな音を生み出す Walkmanの技術も活用し微細音の再現、広がりや定位感の向上を実現
通常の合皮に比べて、柔らかく装着時の安定性に優れたソフトフィットレザーを採用。頭部の形状に柔軟に追従することで締め付け感は少ないながらも、高い遮音性能と快適な装着性能を実現。

おすすめな方

音楽ライフに妥協のない方

現在お持ちのヘッドホンに不満をお持ちの方

イヤホンが苦手だけど音楽鑑賞が好きな方

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

東京都下在住のフリーランス。アコギ初心者練習に余念のない元ベーシストバンドマン。ピアノの音すき。つまりは音楽が好きです。
本業の仕事では、ほぼ毎日運転しつつも十年以上無事故無違反のガチゴールド安全運転者。
禁煙歴3年になります。
当ブログ『さいとも音ガジェブログ』では気軽で楽しくなるイヤホンやヘッドホンなどを中心としたガジェットを紹介してみてくださる方の検討の参考になればと思っております。

ahamo

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次