\ 最大10%ポイントアップ! / 詳細を見る

JBLのお手頃お気軽使用できるおすすめTWS!【WAVE100】レビュー!

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!
さいともくん

こんにちわ!さいともと申します。

今回は「気軽」をテーマにしたワイヤレスイヤホンの紹介になります。

後継機となるWAVE BUDSが新しく発売されたということはありますが、今回はWAVE100の紹介になります。

ねんねちゃん

主なアップデートは2点になります。

JBL Headphones」アプリの追加
アンビエントアウェア」機能と「トークスルー」機能が搭載

ケースのフタとアプリの機能操作をなくすことにより最大限の気軽さを追求した仕様のワイヤレスイヤホンになりますがWAVE BUDSではアプリと外音取り込みの機能が追加となりました。

結論を先に言わせてもらうとデスクのすぐ横に置いてすぐに気軽に使えるアイテム!といった印象です。

つまりはデスクワークに最適なワイヤレスイヤホンとなります。

もちろん通勤通学でYoutubeやラジオなど気軽に聴くにも適しています。

ねんねちゃん

昨今のワイヤレスイヤホンは使用用途別に使えるイヤホンが増えてきました。

もちろんair pods pro2のようにオールラウンドに使用できるイヤホンも魅力ですが、コスパと使用用途が一致すればこの上なく便利なイヤホンとなるのではないでしょうか?

おすすめな方

とにかく気軽にワイヤレスイヤホンを使いたい方

安くても信頼できるメーカーを使用したい方

ワイヤレスイヤホン初心者の方

音楽中心ではなく映画やドラマ、ラジオやYoutubeなど音声系が主に使用したい方

Amazonでのレビュー評価も多くて高いのがポイントとなっています。

個人的には音の調整にイコライザー機能くらいはつけてほしかったですが、デスクワークの使用においてまったく文句のない気軽さで快適に使用させてていただいております。

目次

JBL WAVE100の外観・開封・付属品・重さ

裏面

開封

付属品・イヤーチップ × 3サイズ

付属品・USB Type-C充電用ケーブル×1

付属品・説明書類

イヤーピース

充電ケース

イヤホン本体

ノズル部

重さ

充電ケース+イヤホン

46.78g

イヤホン

10.57g

重さに関しては軽すぎずしっかり耳にフィットする重さでした。軽すぎてフィット感がなくなるようなことはありません。

JBL WAVE100の仕様スペック

仕様スペックJBL WAVE100
ドライバ(mm)8
感度(dB)105.5
再生周波数帯域20 Hz – 20 kHz
インピーダンス(Ω)16
搭載ドライバ数(各側)1
Charging Case Weight (oz)1.3
Earpiece Weight (oz)0.4
チャージングケースの重量(グラム)36.1
イヤーピースの重量 (グラム)10.2
対応BluetoothプロファイルA2DP 1.3, AVRCP 1.6, HFP 1.7
Bluetoothトランスミッタ周波数帯域2.4 GHz – 2.4835 GHz
BluetoothトランスミッタモジュレーションGFSK GFSK, π/4-DQPSK, 8-DPSK
Bluetoothトランスミッタパワー0 – 10dbm
Bluetoothバージョン5.0
充電時間(時間)2
最大再生時間(時間)5

内容JBL WAVE100
Bluetooth
充電ケーブル
Remote control on ear cups
ボイスアシスタント対応
内蔵マイク
充電ケース
ハンズフリーコール
充電可能バッテリ
完全ワイヤレス
ワイヤレス

ちなみに冒頭でも申し上げましたがアップグレードしたWAVE BUDSが2022年10月に新発売されています。

アップグレード内容は「JBL Headphones」アプリの追加と「アンビエントアウェア」機能と「トークスルー」機能が搭載されました。

今回のレビュー記事はJBL WAVE100になります。

JBL WAVE100のペアリング・操作方法

JBL WAVE100ペアリング

ねんねちゃん

ペアリングはとっても簡単!

STEP
お使いのデバイスのBluetoothをオンの状態にしてください
STEP
ケースからイヤホンを取り出す
STEP
Bluetooth設定画面に「JBL WAVE100TWS」が出てくるのでこれをタップ
STEP
接続済みとなれば完了

JBL WAVE100操作方法

ねんねちゃん

操作は赤マルのところをタップするか長押しになります。

左右

長押し 音声アシスタント
1タップ 再生/一時停止
2タップ 次の曲
3タップ 前の曲

通話

1タップ 通話に出る/通話を切る
長押し マイクミュートと解除

ねんねちゃん

操作もシンプルなので使いやすいです

JBL WAVE100の音質

音質としては上位クラスのイヤホンには劣るもののしっかり聞けて物足りなさを感じることはなく、コスパを見れば納得の気軽さと音質に感じます。

ほんとにじっくりしっかり聴きたい!という方には上位クラスをおすすめしますが、冒頭でも述べたようにラジオやYoutubeなどの音声系が中心の場合はむしろこちらのWAVE100のほうが聞きやすい印象となります。

いろんなイヤホンをレビューさせていただいていますが、納得のコスパと気軽さのイヤホン。

さいともくん

そんな印象です。

JBL WAVE100のマイク音質

検討の参考になればと音声録音をiPhoneのボイスメモにて収録しました。

ねんねちゃん

参考になれば幸いです。

JBL WAVE100のまとめ

最後にメリットやデメリット、おすすめな方についてまとめてみたいと思います。

メリットデメリット
フタをあけたりアプリ設定したりの手間がはぶけて気軽に使用できる
音声系中心に聞くのであれば気軽に使用できるので最適なイヤホン
信頼できるメーカーなので安心して使用できる
デザインがシンプルなのでPCの側や寝室に置いておいても違和感がない
上位クラスと比べてしまうと音質は劣る
気軽さを考えるとワイヤレス充電ができればよかった
おすすめな方

とにかく気軽に使いたい方

安くても信頼できるメーカーを使用したい方

ワイヤレスイヤホン初心者の方

音楽中心ではなく映画やドラマ、ラジオやYoutubeなど音声系が主に使用したい方

JBLのイヤホンに関して様々な商品をレビューさせていただいています。それだけ信頼できるメーカーだからこそレビュー記事を多く書かせていただいていますのでおすすめできます。

ねんねちゃん

WAVE100のアップグレード版はこちらになります

さいとも音ガジェブログJBLTWS記事紹介

さいともくん

さいとも音ガジェブログでは多種多様なJBLのイヤホンを紹介しています。

ねんねちゃん

自分に合ったイヤホンの参考になれば幸いです。

【JBL LIVE PRO 2】みんな褒めすぎだろ!自腹遠慮なしレビュー!

【JBL LIVE FREE 2】レビュー!このコスパなのにほぼ完全体の完全ワイヤレスイヤホン

【JBL QUANTUM TWS】 ワイヤレスイヤホンでFPSゲームできる時代がきた!

【JBL ENDURANCE PEAK3】しっかりフィット!絶対的おすすめのスポーツ用ワイヤレスイヤホン!

【JBL TUNE FLEX GHOST】2ウェイ装着ながらノイキャンも外音取り込みも対応したコスパ最強イヤホン!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

東京都下在住のフリーランス。アコギ初心者練習に余念のない元ベーシストバンドマン。ピアノの音すき。つまりは音楽が好きです。
本業の仕事では、ほぼ毎日運転しつつも十年以上無事故無違反のガチゴールド安全運転者。
禁煙歴3年になります。
当ブログ『さいとも音ガジェブログ』では気軽で楽しくなるイヤホンやヘッドホンなどを中心としたガジェットを紹介してみてくださる方の検討の参考になればと思っております。

ahamo

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次