\ お買い物マラソン開催中! / 詳細を見る

【JBL ENDURANCE PEAK3】しっかりフィット!絶対的おすすめのスポーツ用ワイヤレスイヤホン!

  • URLをコピーしました!
さいともくん

こんにちわ!さいともと申します。

今回はIP68という防水規格を持つワークアウトに適したJBLのENDURANCE PEAK3という商品をレビューしていきます。

なぜこのENDURANCE PEAK3を自腹購入したかというといろんなワイヤレスイヤホンをレビューしてきたがワークアウト専用レベルのイヤホンを試したことがなく興味があること。

長時間の有酸素運動はヒマでもありますしね!

また以前レビューしたJBLのTUNE FLEX GHOSTが2ウェイ仕様のオープン型と密閉型のイヤホンが新発想でまたJBLの商品を見てみたかったことになります。

使用してみての最初の簡単な結論

長時間使用できて長時間を考慮してしつこさのないサウンドで聴き疲れがない仕様になっていること

また装着もしっかりしているのでハードな仕事やワークアウトなど使用できる用途が広いこと

外音取り込みもしっかりしているので装着したまま通話などにも対応できる仕様になっています。

ワークアウトだけでなく通勤通学やデスクワークや勉強でももちろんですが、しっかり「動き」のことを考えたイヤホンになってる

それだけはずれる心配のないイヤホン

メリットデメリット
そう簡単にははずれない装着
しつこくない聴き疲れのないサウンド
運動に特化しているので防水防塵が他のワイヤレスイヤホンより優れ得ている
装着はしっかりしているが聴き疲れないので長時間の使用も可能
外音取り込みも充実しているので装着したままでいられる
カラーバリエーションが4種類あって選びやすい
従来品より音質は劣るためじっくり音楽を聴き込みたいイヤホンではない(よくいえば差別化できてる)
イヤホンもケースもややでかい
ノイキャンはない

くわしくみていきます!

目次

JBL ENDURANCE PEAK3の外観・付属品・重さ

裏面

JBLの商品は裏面で商品が見える構造にいつもなっています

側面

開封

説明書

USB-TypeAtoC

ねんねちゃん

JBLらしい色合い♪

イヤーピース

L/M/Sと3種類のおおきさになります

充電ケース

充電ケース大きさ参考

イヤホン本体

重さ

充電ケース+イヤホン

153.63g

充電ケースのみ

78.67g

イヤホン本体

25.00g

JBL ENDURANCE PEAK3の仕様・スペックと特徴

JBL ENDURANCE PEAK3の仕様スペック

仕様スペックJBL ENDURANCE PEAK3
ドライバ(mm)10
感度(dB)102 dB SPL@1 kHz
再生周波数帯域20 Hz – 20 kHz
インピーダンス(Ω)16
Charging Case Weight (oz)2.7
Earpiece Weight (oz)0.9
チャージングケースの重量(グラム)76
イヤーピースの重量 (グラム) 25
対応BluetoothプロファイルA2DP V1.3, AVRCP V1.6, HFP V1.7
Bluetoothトランスミッタ周波数帯域2.400 GHz – 2.4835 GHz
BluetoothトランスミッタモジュレーションGFSK GFSK, π/4 QPSK, 8DPSK
Bluetoothトランスミッタパワー< 14 dBm
Bluetoothバージョン5.2
充電時間(時間)2
最大再生時間(時間)10
連続通話時間(時間)5.5

JBL ENDURANCE PEAK3の特徴を要約

ツイストロック構造とソフトなイヤーフック

特許取得の独自ツイストロック構造とソフトなイヤーフックにより様々な耳の形状に適応。

激しいスポーツや動きにも外れてしまう心配を極限までなくして長時間のストレスのない装着も実現。

パワーフックとタッチコントロール

マグネットの仕様により装着したり外したりするだけで本体の電源オンオフができるパワーフック機能

タッチコントロール機能は本体をなぞるだけで各種操作可能。面倒な接続操作などを軽減し、スポーツ、運動の集中の邪魔をさせない配慮がある。

IP68の防塵性と防水性

IP68規格の防水防塵規格によりどんな天候でもサポート

推進1.5メートルまでの水中に30分の耐久性があるので雨の日や激しい汗、砂浜や水中スポーツなど場所を選ばず使用可能。

砂などで汚してしまっても丸洗い可能

ねんねちゃん

これは優れもの!

4種類のカラーバリエーション

さいともくん

JBLのイヤホンの特徴はカラーバリエーションが豊富で選択の幅が広がるところにあります。

JBL ENDURANCE PEAK3のペアリング・アプリ・操作方法

JBL ENDURANCE PEAK3のペアリング

ペアリングはとっても簡単!

STEP
お手持ちのデバイス(スマホ)のBluetoothをオンにする
STEP
イヤホンが入った状態の充電ケースを開ける
STEP
ペアリング状態になるとJBL ENDURANCE PEAK3と表記されるのでこれをタップ
STEP
接続済みとなれば完了

JBL ENDURANCE PEAK3の「JBL Headphones」アプリについて

JBL Headphones

JBL Headphones

Harman International Industries無料posted withアプリーチ

アプリは好きな音質をイコライザーで調整したり、操作方法をカスタマイズしたりできるのでぜひ活用して自分の使いやすさを追求しましょう。

  • アンビエントサウンドは外音取り込みの調整
  • イコライザーは自分好みの音質をカスタマイズ
  • タッチ操作アンビエントサウンドの操作 音量の操作 再生の操作を左右どちらかのボタン操作に組み込みます。
  • ボイスアウェアは通話中に聞こえる自分の声を調整できます。
  • スマートオーディオモードは音質重視か遅延重視の選択になります。

JBL ENDURANCE PEAK3の操作方法

アンビエントサウンドの操作

1タップ アンビエントアウェアのオンオフ
2タップ トークスルーオン/トークスルーオフ
長押し 音声アシスタントを起動する

音量の操作

1タップ 音量+(1段階)
2タップ 音量−(1段階)
長押し 音声アシスタントを起動する

再生の操作

1タップ 再生&一時停止
2タップ 次のトラック
3タップ 前のトラック
長押し 音声アシスタント

通話の操作

2タップ 通話に出る
     通話を切る
長押し 着信を拒否
    通話中マイクをミュート/ミュートを解除

JBL ENDURANCE PEAK3の音質を比較

音質に関しては端的に申し上げるとしつこくないサウンドとなります。

JBL LIVE PRO 2JBL LIVE FREE 2にみられる迫力のJBLサウンドとはまた一味違い、しっかりワークアウト用としてのサウンドとなっているのがジャンル分けとして納得できるところでした。

しつこくないサウンドというのはじっくり聴くというよりなにかをしながらたんたんと聴ける仕様になっており、だからといって足りなさを感じさせないサウンドとなっている印象です。

ねんねちゃん

何かをしながら
というのにおいてぴったりの音質

JBL ENDURANCE PEAK3のマイク性能

※再生を押すとマイク音声が流れますのでご注意ください

検討の参考になれば幸いです

JBL ENDURANCE PEAK3のまとめ

最後にメリットデメリット、おすすめな方をまとめていきます。

メリットデメリット
そう簡単にははずれない装着
しつこくない聴き疲れのないサウンド
運動に特化しているので防水防塵が他のワイヤレスイヤホンより優れ得ている
装着はしっかりしているが聴き疲れないので長時間の使用も可能
外音取り込みも充実しているので装着したままでいられる
カラーバリエーションが4種類あって選びやすい
従来品より音質は劣るためじっくり音楽を聴き込みたいイヤホンではない(よくいえば差別化できてる)
イヤホンもケースもややでかい
ノイキャンはない
おすすめな方

ただワークアウトだけで物足りなさを感じてる方

音を取り入れてリラックスしてワークアウトに取り組みたい方

集中力を持続してワークアウトをしたい方

水洗いも可能なため清潔に使用したい方

「トークスルー」機能があるためいちいちイヤホンをはずしたくない方

インナーイヤー型やカナル型が合わない方

どんなに動いてもあばれてもとれることのない装着と水にも砂埃にも強く水洗いまでできるイヤホン

音も長時間使用できるうるさすぎない音質でワークアウトに絶対的おすすめのイヤホンになります。

さいとも音ガジェブログJBLイヤホンレビュー紹介

【JBL TUNE FLEX GHOST】2ウェイ装着ながらノイキャンも外音取り込みも対応したコスパ最強イヤホン!

【JBL QUANTUM TWS】 ワイヤレスイヤホンでFPSゲームできる時代がきた!

JBL LIVE PRO 2】みんな褒めすぎだろ!自腹遠慮なしレビュー!

【JBL LIVE FREE 2】レビュー!このコスパなのにほぼ完全体の完全ワイヤレスイヤホン

ねんねちゃん

最後まで読んでいただきありがとうございました

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

東京都下在住のフリーランス。アコギ初心者練習に余念のない元ベーシストバンドマン。ピアノの音すき。つまりは音楽が好きです。
本業の仕事では、ほぼ毎日運転しつつも十年以上無事故無違反のガチゴールド安全運転者。
禁煙歴2年になります。
当ブログ『さいとも音ガジェブログ』では気軽で楽しくなるイヤホンやヘッドホンなどを中心としたガジェットを紹介しています。

ahamo

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次