MENU
2022/5/28-5/30【タイムセール祭り】
\ ポイント最大10倍セール! / 詳細を見る

【後漢末期の名将 盧植・皇甫嵩・朱儁】 三国志 横山光輝 2 黄巾賊退治

  • URLをコピーしました!
さいともくん

こんにちわ!さいともと申します!

張飛の猪突猛進の行動により、劉備が立ち上がり、関羽を含めた3人の桃園の誓いで義兄弟の契りを交わし義勇軍を挙兵、いわば黄巾賊討伐のための私兵集団が結成された。

あんにーん

張飛の純粋で強い所が最高!

前回は張飛についてふれましたが、今回はこの物語の主人公!劉備を見て、この物語について思いを馳せたいと思います!

またこの巻では曹操、董卓とこれからの物語を彩る人物が惜しげもなく登場します!

さいともくん

董卓と劉備たちとの面談は見ものですね!

黄巾の乱で活躍した大将、盧植皇甫嵩朱儁についても見ていきたいと思います!

※この記事の主旨について

この横山光輝『三国志』記事はこの漫画(演義)とwikiからの正史を見合わせて思いを馳せて楽しむのが主旨です!

歴史検証や論文的なものではございませんのでご了承ください。

横山三国志や演義での孔明はこんな描かれ方でも、正史ではこんなだった!

的なギャップを楽しめればという内容です。

こーめーくん

よろしくお願いします!

横山光輝 三国志 2巻

潮出版社 希望コミックスより

目次

あらすじ

黄巾賊打倒のため、後漢のさまざまな官軍部隊に参加していく劉備たち。

黄巾賊と戦って戦果をあげて名を売っていくが、肝心の官軍内部にさまざまな問題が劉備たちの前に浮き彫りになっていく。

この巻では後々にも重要な人物が登場する

劉焉 鄒靖 盧植 朱雋 董卓 曹操

劉備にとって後々のライバル、曹操ともここで手合わせている。

さらに後々の悪役、董卓も登場し身分の低い劉備たちは戦功を立てたにもかかわらず差別され卑しまれる

ここでの張飛の率直さもなかなか前回同様、気持ちが伝わり読者を魅了する。

せんにーん

董卓も田舎もんですけどね!

¥461 (2022/05/16 08:26時点 | Amazon調べ)

キーワード 黄巾賊討伐に活躍した盧植・皇甫嵩・朱儁をみる

盧植

コーエーテクモゲームス 三國志11 より
さいともくん

劉備の先生で誠実な大将というイメージがありますが、史実においてもそのまま劉備の先生で誠実な大将だったようです。

ではその正史においての盧植はどんな人物だったのか?

身長は高く、195㎝もあり鐘のような大きく響く声だったとあります。

若いころ儒学を学んで古今の学問に通じた

博学で節義も高いことから人望もあり、剛毅で節度があり、世の中を救いたいという志を持ってた。

さいともくん

横山三国志と同様のジェントルマンな大将だったんですね!

文武の才能ある人物として九江太守に任命されるなどしたが病などあり、故郷の幽州涿群へ戻り著作を行い学舎を立てて子弟に学問を教える。

あんにーん

ここに劉備と公孫瓚がいたんですね!

儒学者として意見も述べさらに五経の校訂などにも携わる。

さらに廬江(ろこう)太守にも任命され、後、侍中(じちゅう)となり尚書となり、政府中央へいく。

184年の黄巾の乱勃発により、北中郎将に任命され、さらには北軍五校士の将軍とされて天下諸郡の兵を集めて黄巾の乱の指導者である張角の討伐に向かう。

張角の軍をおおいに破ったが、中央政府(後漢)の軍の監察の使者に賄賂を断ったため、霊帝にうその報告をされ罪人に落とされる。

さいともくん

ここはマンガの描写と同じなんですね!

その後、皇甫嵩により黄巾の乱は平定され、皇甫嵩の働きかけにより盧植は許され再び尚書に任命される。

189年 何進は何皇后(かこうごう)への圧力として董卓を呼び寄せる。

盧植は彼の凶悪な面を知っていたため止めたが聞き入られなかった。

何進暗殺後、部下の袁紹による宦官誅罰の挙兵に参加。

その後、董卓が実権を握り、帝を少帝から献帝に替えようとするも盧植のみがこれに反対、処刑されかけるが蔡邕などの取り成しで助命される。

助命されるものの災いを避けるため中央からなんとか追手が来るも逃亡、上谷郡で隠遁生活するが、冀州牧となった袁紹に軍師として招かれる

192年に病死。

後、袁紹を破り河北に赴いた曹操が故郷である涿群を通過した折、亡き盧植の功績を称え、子の盧毓らを官職に就けて報いた。

さいともくん

武士の鑑のような人物でしたね!

皇甫嵩

コーエーテクモゲームス 三國志11 より
さいともくん

こちらも武士の鑑なのでは?!というくらい素晴らしい人物

せんにーん

こんな素晴らしい人材がいるのに後漢がなんでダメになっていったのか?

さいともくん

それを考えるのもまた三国志の楽しい所!

若いころから文武に優れまじめで慈悲深く読書を好み弓馬の習得に励む。

議郎・北地太守を歴任するも184年に黄巾の乱が勃発。

党錮の禁解禁と霊帝の私財放出を具申。

皇甫嵩は左中郎将に任命され右中郎将の朱儁とともに黄巾討伐へ向かう。

波才との戦いでは朱儁率いる漢軍が一時劣勢となるも、曹操と皇甫嵩の援軍により波才を大破

以後も朱儁とともに各地で転戦、勝利を挙げた。

冀州方面では張角本隊を討伐しようと董卓・盧植がが担当するも戦果を得ず皇甫嵩が討伐に赴くことになる。

ここで張角の兄弟を討ち、病死した張角の棺をを壊し、首を洛陽へ送った。

この功により左車騎将軍に任命され、さらに冀州牧となる。

185年辺章・韓遂が涼州で反乱。これにより長安に駐屯。しかし十常侍の趙忠の法令違反を上奏と張譲からの賄賂要求を拒否したことにより左車騎将軍と食邑6千戸を取り上げられる。

後に董卓を指揮下において反乱と対峙するが、董卓の案は一切聞かずにその反対の行動で勝利

董卓に恨まれる。

さらに董卓は軍権を皇甫嵩に渡して并州牧の任命を拒否。また皇甫嵩による董卓の行動を朝廷に上書したため、董卓との敵対が徹底的となる。

そして董卓が中央で実権を握ると長安から皇甫嵩を呼び寄せて殺害しようとする。

逮捕され投獄されるも子の堅寿の働きで処刑は免れた。

王允・呂布による董卓暗殺により、征西将軍・車騎将軍・太尉と出世するも日食により辞任。

再び李傕達による乱がおこるも病により195年に没する。

朱儁

コーエーテクモゲームス 三國志11 より

三国志演義では正史と同様の優れた将軍という設定で描かれているが、吉川英治『三国志』や横山光輝『三国志』では董卓のような傲慢な人物として描かれている。

184年黄巾の乱のときに朱儁は右中郎将に任命されて皇甫嵩らとともに各地を転戦。この活躍により出世してさらに同じ揚州出身の孫堅を召し出す。

さらに各地で戦い右車騎将軍・光禄大夫・銭塘侯に封じられる。

その後、董卓が朝廷の権力を使うようになると、表面的には優遇するも嫌い、さらに朱儁も董卓の専横を嫌っていた。

董卓が長安へ行くと争いが表面化。董卓打倒の軍を起こそうと諸将に呼びかける。

董卓亡き後、李傕と郭汜が長安を支配。朱儁は朝廷の招聘を受けるも郭汜に人質にされて憤死。

さいともくん

立派な将軍たちに乾杯!

\横山光輝『三国志』を電子書籍で!/

ピックアップ人物伝 劉備玄徳

劉備玄徳 
コーエーテクモゲームス 三國志14 公式より

黄巾の乱の鎮圧で功績を挙げ、その後は各地を転戦した。諸葛亮の天下三分の計に基づいて益州の地を得て勢力を築き、後漢の滅亡を受けて皇帝に即位して、蜀漢を建国した。その後の、魏・呉・蜀漢による三国鼎立の時代を生じさせた。

明代の小説『三国志演義』では中心人物として登場する。

劉備玄徳 wikiより

横山三国志も三国志演義、吉川三国志の流れからきているため、この物語の中心は劉備玄徳となり、1巻と2巻で中心的に描かれている。


この横山三国志および演義においての劉備の最大の魅力はなんといっても実直さと勇気、そして何もないところからのスタートが読者の目を惹きつけるのではないか?


1800年以上まえとはいえ、すでに儒教のイデオロギーが浸透していた時代、はたまた羅貫中の描いた三国志演義の時代はさらに儒教の思想が行き渡っていたにもかかわらず、確たる証拠もない中山靖王 劉勝の後胤 景帝の血を引くものという肩書きから家柄も経験も力もない人間が中心となって旗を上げて戦う。


そこには群雄戦国乱世のロマンと希望が劉備を主人公にさせたのではないか?

さいともくん

この想像がまたひっくり返るのもまた楽しい!


ゲームでは劉備の徳(魅力)はどのシリーズでも99いっており、実直さと勇気、そしてがある裏付けにもなってくる。

せんにーん

しかしながら逃げ上手という側面も多分にあります!


しかしながら、なかなか孔明と出会うまでの劉備は確実な土台がないため、各地を転々としたり、いざという時に強気な判断が出来なかった印象である。



この時点ではまだ族のリーダーというのがわかりやすい表現になるやと思われる。

コーエーテクモゲームス 三國志11 より

\正史の劉備像に関してはこちらの記事を!/

トピック 太平道について

于吉は山東出身の方士的人物で、五行・医学・予言に長けていた。彼はこの『太平清領書』を病人に読み聞かせ符水を飲ませることで治癒を行い、民衆はもとより支配階層からも広く尊崇を受けた(于吉は尸解し祀られたと伝えられる点から、太平道への神仙思想の影響がうかがえる[1])。

順帝の折、于吉の弟子である宮崇は『太平清領書』170巻を朝廷へ献上したが「妖妄不経」の書とされ世に出なかった。桓帝の折には孫弟子の襄楷がやはり同書を献上したが、これも否定的な評価を受けた[2][3]。のち張角が同書を手に教団を興すことになるが、于吉と張角の関係は不明である[4]。

太平道 wikiより

道教や于吉に関しては孫策の死に関連して19巻(于吉)張魯の五斗米道に関連して32巻(道教)で触れております。

さいともくん

こういう話はむずかしい!

簡単に五行についてさわりだけ引用

自然現象の四季変化を観察し抽象化された、自然現象、政治体制、占い、医療など様々な分野の背景となる性質、周期、相互作用などを説明する5つの概念である。単に5種の基本要素というだけでなく、変化の中における5種の、状態、運動、過程という捉え方もされる。

木(もく)木の花や葉が幹の上を覆っている立木が元となっていて、樹木の成長・発育する様子を表す。「春」の象徴。

火(か)光り煇く炎が元となっていて、火のような灼熱の性質を表す。「夏」の象徴。

土(ど)植物の芽が地中から発芽する様子が元となっていて、万物を育成・保護する性質を表す。「季節の変わり目(春夏秋冬の土用)」の象徴。

金(きん)土中に光り煇く鉱物・金属が元となっていて、金属のように冷徹・堅固・確実な性質を表す。収獲の季節「秋」の象徴。

水(すい)泉から涌き出て流れる水が元となっていて、これを命の泉と考え、胎内と霊性を兼ね備える性質を表す。「冬」の象徴。

五行思想 wikiより
さいともくん

やっぱりわけわかめ!

あんにーん

入門的にわかる本ないかな?

¥660 (2021/09/13 21:28時点 | Amazon調べ)
さいともくん

バカボンのパパとドリアン助川さん!ありがとうございます!
わかりやすいかったです!

¥461 (2022/05/16 08:26時点 | Amazon調べ)
さいともくん

最後まで読んでいただきありがとうございました!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

東京都下在住のフリーランス。アコギ初心者練習に余念のない元ベーシストバンドマン。ピアノの音すき。つまりは音楽が好きです。
本業の仕事では、ほぼ毎日運転しつつも十年以上無事故無違反のガチゴールド安全運転者。
禁煙歴2年になります。
当ブログの『さいともブログ』ではイヤホンを中心としたガジェット、はたまた横山光輝「三国志」についてのブログとなっております。

ahamo

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる