MENU
2022/5/28-5/30【タイムセール祭り】
\ Amazonタイムセール祭り! / 詳細を見る

横山光輝 三国志 13 玄徳の危機

  • URLをコピーしました!
https://amzn.to/3a2CpKz

横山光輝 三国志 13 玄徳の危機

目次

はじめに

内容はあらすじ程度に!
ここでは補足として人物などをピックアップしてあとは漫画の方を楽しく読めますように!
というのがこの記事たちの目的!

前回の記事はこちら!↓

https://satoimogunsoblog.com/sangokushi12/286/

あらすじ

曹操vs張繍 というより賈詡との駆け引きの合戦

そしてまた呂布と曹操、劉備の戦がはじまる!

そして玄徳は呂布に敗れて逃避行となる。

キーワード 夏侯氏

曹操にとって重要な部下に夏侯惇と夏侯淵がいるが、親類関係で絶対的な配下のイメージが強い
そんな夏侯氏、そして人物伝には夏侯惇をピックアップ!

後漢において宦官の曹騰は皇帝の信任を得て、養子により後継を立てることを許されたが、その養子を迎えた家が夏侯氏であった。その養子である曹嵩[2]の子の曹操が後漢末の戦乱において群雄として台頭、やがて丞相まで上り詰めて勢力を拡大する中で、夏侯氏の一族である夏侯惇、夏侯淵らがその配下として活躍した。

後に曹操が献帝より魏公・魏王の称号を授けられ、曹丕の代に献帝の禅譲を受けて曹氏の魏王朝が後漢の後継王朝となるに伴い、夏侯氏は曹操の親族として曹氏に並ぶ地位を与えられた。また、夏侯氏の一族の女が張飛の妻となり、その娘が蜀の皇帝である劉禅の皇后となっており、夏侯氏は張氏を通して蜀の劉氏の縁戚でもあった。夏侯淵の子の夏侯覇が政争に敗れ蜀に亡命し、列侯に封じられている。

魏の曹氏は後に司馬氏の圧迫に遭い、政変の中で夏侯玄のように処刑された者もいる。魏は司馬氏の興した晋に簒奪に遭うが、夏侯氏の一部の者は晋の有力者と結びつき、貴族としての地位を保った。東晋の元帝の実母もこの夏侯氏である。

夏口氏wikiより

ピックアップ人物伝 夏侯惇

あまり横山三国志には活躍の場が少ないように思われる夏侯惇
はたして正史の方はどうなのか?

14歳の時、学問の師を侮辱した男を殺し、荒い気性を持つ人として知られるようになる。曹操が挙兵した時から、常にその副将として付き従った。

夏侯惇wikiより

正史では曹操の右腕となり、曹操が自ら戦に出る時はつねに従軍している。

wikiの生涯を見ていると火の打ちどころのない真の将軍といった印象を受ける。

曹操との信頼関係は他の武将の比ではない印象。

トピック 三国志にみる、なんちゃって地政学

なぜ圧倒的に魏の曹操が有利だったのか!?

まずひとつめ、中原をとっていたから。
ふたつめ、北をとっていたから。
3つめ、献帝(皇帝)を擁していたから。
4つめ、屯田制を採用したから
5つめ 中原には人材が多くいたから

ふたつめの北をとっていたからというのは、南から押し寄せて中国統一というのはないそうな。

確かに異民族に統一される場合も、北からのモンゴル系だし納得。

しかしながらここはあくまでも考察なので興味本位程度ということで。

中原

中華文化の発祥地である黄河中下流域にある平原のこと。狭義では春秋戦国時代に周の王都があった現在の河南省一帯を指していたが、後に漢民族の勢力拡大によって広く黄河中下流域を指すようになり、河南省を中心として山東省の西部から、河北省・山西省の南部、陝西省の東部にわたる華北平原を指すようにもなった。

中原wikiより

屯田制

屯田(とんでん)は、兵士による開拓・駐屯の制度。

前漢の武帝は、辺境地帯を防衛する兵士に農耕を行わせた(軍屯)。後漢末期に徐州の陶謙が陳登を典農校尉に任じて屯田のことを行わせ、続いて196年には魏の曹操は、韓浩・棗祗らの提言に従って屯田制を導入した。これは、辺境地帯でなく内地において、荒廃した田畑を一般の人民にあてがって耕作させるもの(民屯)で、当初は許都の周辺で行われ、のち各地に広まった。屯田制下の人民は、各郡の典農中郎将、各県の典農都尉によって、一般の農村行政とは別に軍事組織と結びついた形で統治された。司馬懿の提言で、長期にわたる抗争を繰り広げていた呉・蜀それぞれの国境付近(淮河流域、関中)でも軍屯が展開され、これにより安定した食糧供給を維持した魏は、両国との争いを有利に進めた。これに対して蜀でも諸葛亮・蔣琬・姜維が漢中にて屯田を行っている。晋の時代になると民屯が廃止され、軍屯のみが残った。こうした国家が土地・人民を直接に管理・支配しようとする試みは、のちの均田制にも通じるものであったといえる。

屯田制wikiより

これに対して、呉は肥沃な土地で食料には困らなかったが、防衛は長江に頼るところが大きかった。
蜀漢は険しい山河があり防衛に適して入るものの、数を制するという基本的な戦略戦術を生み出せなかったという点にある。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

東京都下在住のフリーランス。アコギ初心者練習に余念のない元ベーシストバンドマン。ピアノの音すき。つまりは音楽が好きです。
本業の仕事では、ほぼ毎日運転しつつも十年以上無事故無違反のガチゴールド安全運転者。
禁煙歴2年になります。
当ブログの『さいともブログ』ではイヤホンを中心としたガジェット、はたまた横山光輝「三国志」についてのブログとなっております。

ahamo

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる