MENU
2022/5/28-5/30【タイムセール祭り】
\ Amazonタイムセール祭り! / 詳細を見る

三国志 横山光輝 45 劉備の死 【事実上孔明の国 蜀漢の誕生と演技上手?の司馬懿について】

劉備の死
  • URLをコピーしました!

三国志 横山光輝 45 劉備の死

目次

はじめに

さいともくん

本の内容については漫画を読めばいいと思うので、ここでの記事は補足となる、人物や物事を取り上げて漫画を少しでも楽しく読めるようにするのが本記事の目的とします!
よろしくお願いします!

こーめーくん

よろしくお願いします!

せんにーん

前回の記事はこちら!

あらすじ

呉にとっての重要な防御線、濡須での攻防戦が始まる。
しかし疫病により、曹丕は退却。

一方、白帝城へ逃れた劉備は、大敗した心労から寝込み、危篤となり、亡くなる。

初代皇帝劉備を失った蜀は魏の工作により五路から攻撃を受ける。

第一路 異民族鮮卑を使い西平関を襲わせる
第二路 南蛮国の孟獲に西川の南を襲わせる
第三路 孫権に涪城を襲わせる
第四路 上庸の孟達に漢中を襲わせる
第五路 陽平関から曹真に堂々と蜀に攻め入る。

しかし孔明はすべてに対応してしまう。

さらに呉へと使者を送り鄧芝の活躍もあり、同盟に成功する。

曹丕は再度、呉へと侵攻するが呉の決死の戦いにより、またしても敗戦する。

ここから孔明は益州南部の反乱と南蛮との戦いに尽力することになる。

こーめーくん

ここでわからせないとね!

¥461 (2022/05/14 08:44時点 | Amazon調べ)

キーワード 正史の劉備像

劉備玄徳 
コーエーテクモゲームス 三國志14 公式より

こちらでも劉備についてピックアップして、思いを馳せてみましたが、多分に演義においての劉備像において思いを馳せています。

三国志演義の主人公劉備、そしてこの横山三国志の主人公になりますが、あらためて劉備についてお馴染みのwikiから、正史の劉備像を見てみます!

演義では

儒教の理想とする君子的高潔さが描かれたとありますが、矛盾も感じられました。
それは白帝城に孔明を呼び寄せて子の劉禅が帝王の器でない時は孔明自ら蜀の帝になれといっているところです。

演義は儒教の孝に反することを劉備に言わせています。

さいともくん

わざと言って孔明に託しているのかな?

せんにーん

ここは正史でもある逸話ですが、そのまま使われています。

あんにーん

まずはじめに劉備の遺言から見ていきます!

孔明には

「そなたの才能は魏の曹丕の10倍はある。必ずや国に安定をもたらしてくれることだろう。我が子(劉禅)が皇帝としての素質を備えているようならば、補佐して欲しい。だが、もし我が子が補佐するに足りない暗愚であったならば、迷わずそなたが国を治めてくれ」、「馬謖は自分の実力以上のことを口にする。だから彼に重要な仕事を任せてはいけない。そなたはそれを忘れずにな」

劉備 wikiより

息子たち

「悪事はどんな小さなことでも行ってはいけない。善事はどんな小さなことでも行いなさい。お前達の父は徳が薄く、これを見習ってはいけない。『漢書』・『礼記』・『六韜(呂尚の著と伝えられる兵法書)』・『商君書(商鞅の著と伝えられる法律論)』などなどを読んでしっかり勉強しなさい。これより丞相(諸葛亮)を父と思って仕えなさい。いささかも怠ったらばお前達は不孝の子であるぞ」

劉備 wikiより
あんにーん

立派な遺言!劉備の魅力が詰まっていますね!

若き日の劉備

コーエーテクモゲームス 真三國無双8 公式より

涿郡涿県(現在の河北省保定市涿州市)楼桑里の出身。
父は州郡の官吏だったが、劉備が幼いときに亡くなり小豪族の身分でありながら貧しくなり母と筵(むしろ)を織って生計を立てる。

あんにーん

ここは演義、横山三国志と同じですね!

劉備が15歳の時、従叔父の援助で同郷の盧植のもとで学問を学ぶ。

学生時代、乗馬や闘犬、音楽を好み、身なりが整う衣服をまとい、口数も少なかった。天下の豪傑と好んで交わる。劉備は若者に評判となり争って交わった。

中山の豪商も劉備に惚れ込み大金を与え、後の黄巾の乱による義勇軍の結成の資金にもなった。

このような経緯から関羽・張飛なども加わり、義勇軍の対象として校尉の鄒靖に従い、その名を挙げて行く。

そしておおかた、横山三国志と同様の出世もあり、失敗や挫折も経験する。

あんにーん

このへんはマンガ1巻から15巻くらいまでの流れですね!

徐州においては呂布、呂布にやられた後は曹操、曹操から逃げると袁紹、袁紹が曹操に敗れると劉表を頼る
といった動きとなる。

さいともくん

これはこれで天下の群雄をかきみだすかのように生き延びていますね!

劉表を頼って新野城を与えられた劉備であったが、彼はここでも人気で彼の元へ集まる人が増していく

三顧の礼以後

コーエーテクモゲームス 三國志11 より 劉備の能力値

孔明を三顧の礼で迎え入れると、赤壁の戦い以後、劉備軍は大きく発展していく。

荊州のほとんどを手に入れ、巧みに益州へ入り、劉璋を降伏させ、涼州や漢中の動きを見て漢中も手に入れて蜀漢の初代の皇帝になる。

巨大な権力と軍事力、人材を手に入れた劉備だったが、関羽を失うことで大きく蜀漢の劉備は一気に下降線の状況となる。

関羽を失ったのもそうだが、荊州を戦略上どうしても取り返したい思惑もあり劉備は荊州へ侵攻する。

あんにーん

詳しくは前回の記事でね!

かくして完膚なきまで劉備は敗北する。
そして白帝城へなんとか逃げ込み、病となり亡くなる。

演義では主人公として脚色も多分にありましたが、正史においても充分この動乱、群雄割拠のうごめく世界で君主として生きて、三国志の世界にふさわしい主人公のひとりであるのは誰もが認めるところなのではないでしょうか?

あんにーん

正史でも主人公補正がたくさんありましたね!

ピックアップ人物伝 司馬懿

コーエーテクモゲームス 三國志14 公式より

劉備が亡くなり今まで活躍していた英雄たちがいなくなり、三国志もついに新たな人々が雌雄を決して戦っていくことになります!
この後半戦、孔明のライバルとして後の晋王朝の土台作り立役者として登場する司馬懿についてピックアップします!

あんにーん

マンガではちょびちょびと登場してきていますね!

結局は司馬懿はなにがすごかったのか?

さいともくん

ポイントを絞ってみました!

  • 司馬家の8人の男子は字に全て「達」が付き、聡明な者ぞろいであることから「司馬八達」と呼ばれるほどの秀才の家柄
  • 曹操に常に警戒されていた。
  • 名士の流行りで曹操による出仕を拒んでいたが、荀彧に認められて仕える。
  • 曹丕に絶大な信頼を置かれていた。
  • 孫権勢力を使い関羽を倒す献策する。
  • 名家から出ているので身分が高いのは中枢の政治工作に便利に働く。
  • 孔明のライバルであり比較されるが実は孔明は政治家、司馬懿は軍略家的要素(将軍)が高く、孔明とは2度しか戦っていない。
  • 公孫淵の征討による揺るぎない武勲を手に入れる。
  • 敗戦の許されない権力闘争を勝ち抜き、曹爽一族を一掃し、クーデターを成功させる。

逸話

「狼顧の相」といい、首を180度後ろに捻転させることができたという。この噂を聞きつけた曹操が、本当か試すためにいきなり司馬懿の後ろから名前を呼んだところ、真後ろに振り向いたという。『晋書』宣帝本紀では、曹操がこの相を見て「この男性は遠大な志を抱いている」と警戒し、曹丕に「彼は心中に野望を秘めており、一介の家臣として終わるつもりはなかろう」と語ったという。ただし、本来「狼顧」というのは「狼が用心深く背後を振り返るように、警戒心が強く老獪なこと」を指す言葉である。

司馬懿 wikiより

ここまで個性豊かな人物が登場してきましたが、なかなか色味を感じさせない司馬懿に恐ろしさを感じます。

曹操の前で能力ないように見せる演技や宮廷闘争における仮病の演技もありましたが、役者として能力も凄まじかったのではないでしょうか!

コーエーテクモゲームス 三國志11 司馬懿 能力値

トピック 濡須口の戦い 第4次

さいともくん

この戦いの経緯を見ていきます!

  • 219年 曹操と孫権の同盟により、関羽を討ち取り蜀は荊州を失う。
  • 221年 魏の初代皇帝となった曹丕は孫権に対して呉王にとりたてようとする。
  • 222年 蜀と呉による夷陵の戦いで呉が勝利する。この時魏は援軍と称して軍の南下を開始させる。陸遜はこれが呉攻撃の行軍であると見抜き、蜀攻撃から撤退する。
  • 222年9月 曹丕は孫権が人質を出さないのを理由に呉討伐を開始。これが第4次の濡須口の戦いとなる。



曹丕自ら出撃 曹休・張遼・臧覇の軍を洞口 曹仁軍を濡須口 曹真・夏侯尚・張郃・徐晃らの軍を江陵へと三方面作戦とした。

対して呉は呂範などの軍を洞口 朱桓に濡須口を守らせ 江陵を朱然に防衛、孫盛を朱然の救援に派遣。

洞口での戦いは全琮・徐盛の反撃により呉の勝利

江陵の戦いは朱然による確固たる籠城と諸葛瑾と潘璋による救援により陥落せず、呉の勝利

濡須口の戦いは船を使っての戦いということもあり、呉に有利に働いたが、疫病の流行もあり魏軍は総退却した

さらに劉備と孫権は和睦を求めて使者を派遣し同盟関係を回復している。

※劉禅が即位後さらに鄧芝が同盟を強化すべく赴いている。

さいともくん

この巻に命懸けで使者として赴く鄧芝が描かれています!

¥461 (2022/05/14 08:44時点 | Amazon調べ)
劉備の死

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

東京都下在住のフリーランス。アコギ初心者練習に余念のない元ベーシストバンドマン。ピアノの音すき。つまりは音楽が好きです。
本業の仕事では、ほぼ毎日運転しつつも十年以上無事故無違反のガチゴールド安全運転者。
禁煙歴2年になります。
当ブログの『さいともブログ』ではイヤホンを中心としたガジェット、はたまた横山光輝「三国志」についてのブログとなっております。

ahamo

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる